夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【歪んだ夫婦】
【ねえ、聞いてる? 】
【妻の器量と夫の度量】
【妻の器量と夫の度量】
【謝罪がない】

最も人気の高い記事

【歪んだ夫婦】
【ねえ、聞いてる? 】
【妻の器量と夫の度量】
【妻の器量と夫の度量】
【謝罪がない】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

浮気問題

【謝罪がない】

新型コロナウィルスの
ニュースを見るたびに萎えます。
なんとかならないのか・・・って。
脅威ですね。
 
不貞とか浮気をして謝罪した。
だけど何も変わっていない。
変わっていかない。
 
謝ってもらいたい、という人もいます。
謝罪を求める人も。
だけど、謝罪って大した意味が
ないのじゃないか、と思います。
 
だって過去が消えてしまうわけではないし、
謝るって謝るだけのこと。
 
もっと大事なのは、
その後、何かが変わるかっていうこと。
じゃないかと。
 
言葉の謝罪を受けただけで
何もかわらなかったところで、
何の足しにもなりゃしないって。
 
謝らないよりはマシというくらい。
 
だって実際、謝罪されて
それで終わったなんてことはなくて、
謝罪して次がどうなるかっていうことが
大事なことです。
 
だいたい謝罪は過去に対してのことなわけで、
それしかできないというのはあります。
確かにね。
だけどじゃあ、謝罪それた側が
受けた傷や痛みが謝罪で
救われるのか、癒されるのか、
というと、ほぼそんなことぱなくて。
 
しないよりはまし程度が
謝罪の効果というか
得るものなのだと思います。
 
大事なのは謝罪したとして
変わったか変わらないか。
同じことを繰り返す人なんて、
山のようにいるわけです。
つまりは謝罪なんて何の役にもたっていない。
 
謝罪より先にやることがあるんですよ。
やらかした人の謝罪なんて、
だいたいほんとかどうかなんて疑わしい。
と思っちゃいます。
 

【嘘つき】

寒い~、です。
乾燥にも気を付けてくださいね。
 
浮気をしている人は
往々にして嘘を平気でつきます。
 
なんだか嘘に慣れていて、
罪悪感もないし、
保身が身についているみたい。
 
でも、嘘ってバレるんだと思います。
結果は。
 
で、バレた時は面倒なことになります。
それがわかっている人は
嘘はつかないようにと心がけます。
 
ついても面倒だから。
それよりは嘘をつかなやいほうが楽だから。
 
でもね、ついちゃうのが人の性なのでしょうね。
 
ただ性だとしても
その責任は自分でとってね。
 
嘘をついてもバレないと
どんどんその嘘がエスカレートしていきます。
そして、やっぱりバレます。
 
結局一時的にはバレなくても
最終的にはバレるんですよね。
 
法則です。
嘘はバレる。
 
それでも嘘をつく、というのもまた
法則なのかもしれませんけれど。
 
面倒が嫌だったら
嘘はつかないほうがいいし、
つかなければならないような状況は
回避します。
 
 

【胸のつかえ】

不貞した配偶者に償わせたい、
と思うのは当然。
だろうな、と思います。
 
だけど不貞するような人が償うようだったら
修復が可能なわけですが、
そんな気はさらさらないということも多々あります。
 
さらさらない人に償いを、
といってもそもそも無理で、
期待するだけ無駄。
時間も労力も。
 
慰謝料という目に見える形で
償ってもらうしかないのかもしれませんが、
それだってMaxで法的には300万円と
言われています。
あまりにも安いですよね。
 
夫婦が壊れ、家庭が壊れ、
周りの人に多くの迷惑をかけて。
 
それでいっても300万円って
あくまで法的に、ですが、
あまりにも安いんじゃないか、と思うんですよね。
 
それじゃあ
よけいに腹がたつかもしれないです。
 
じゃあ、どうしたらいいの? って。
 
償う気のない人に償わせるよりは
自分主体で、自分の答えを
見つけていくのがいいと思います。
 
必ずあるはずだから。
自分の答えが。
その人なりに。
 
それを探していくのが大事かな、と思います。
 
自分がストン! と落ち着くところ。
そんなところかあめはず。
それはその人によっていろいろ。
なので探していく。
 
自分が何をしたら、
どんなところに行ったら
ストン! と胸のつかえがとれるか。
とれればokなんじゃないでしょうか。
というか、それが最も大事なことだと思います。
だって自分の人生で胸がつかえたままなんて
嫌でしょう。
後々後悔になるのも嫌だし。
 
だから解消していくのが大事。
それが何か? を見つけていきましょう。
 

【自分の気持ち】

不貞の調査をしていた相談者。
調査結果を見て
「こんな顔しているんですね」と・・・。
夫の笑顔に対して。
 
まあ不貞している側は
にやけていますよね。
終始。
楽しいし。
 
夫婦問題が起きていて
家では見せない顔ではあります。
 
ショックという以前に
まあいろんな気持ちがわいてくるのであろう
とは思います。
 
それを受け止めています。
それがいい。
どんな気持ちがわいてくるのか?
ちょっと自分を見守ってあげる。
大事に。
 
今までになかった感情とか気持ちが
出てくるかもしれないし。
それがどんなものなのか。
押し流されるのではなくてね。
 
もう興奮しちゃうと
それどころではなくなるので。
 
まずは自分。
大事にしてあげて、と思います。
 
あれ? まだ何かの気持ちがあるのか、と
気づいたみたいです。
それが何なのか?
いずれ答えが出ます。
 
情に似た執着心なのかも?
と今はおっしゃいます。
そうかも。
いずれはっきりします。
 
夫婦問題って自分と向き合うっていう
側面があります。
 
 

【浮気あるある】

年が明けたと思ったら、
早くも春の嵐で全国的に大荒れ。
すでにか・・・と。
もう昨年以上に大きな自然災害が
ないことを祈るばかりです。
とはいえ、毎年更新している感じです。
 
浮気あるあるですよ~、と
不貞調査をするご相談者とお話していたら、
調査結果が、まったくもって不貞あるあるでした。
 
いろいろあるあるはあるのですが、
不貞相手が妻や夫より
美しかったりイケてることは
ほぼない・・・という。
あるある。
 
ほんとによくあるあるなので。
ある意味では期待を裏切るといいましょうか。
 
夫の不貞相手が妻より美しいとか。
妻の不貞相手が夫よりイケているとか。
 
想像の世界では
まあよくあるでしょう。
想像は自由で、どこまでいっても膨らみます。
 
だけど、それはほぼ幻想かファンタジーか妄想で。
むしろ現実はその逆。
であることがほとんどのあるあるです。
想像をはるかに超える現実があるってことです。
 
「なんで? 」って。
 
私も調査結果を見るとよく思います。
「なんで? 」って。
なんでこの人と浮気? って。
どこがよくて? って。
 
まあ、別物なのでしょうね。
容姿とは。
 
最初はドキドキしたそうです。
調査したご相談者。
調査結果に。
だけど、「こんな人と・・・・」と
妙に感心したそう。
 
「もっと若くてきれいなら・・・」と言った人もいます。
そりゃあそうだ。
とはいえ、それはそれでまた別の感情がわくもので。
 
要は夫婦って知らないことだらけです。
こうなると。
 
知らない夫の顔であったり、
知らない妻の顔がある。
それがわかるのが不貞調査なのかな、と思います。
 
そうすると、夫や妻を見る目が変わります。
だって今まで見ていない面を知るのですから。
その目が何か違うことを見ていたのかもしれないって。
それがけっこう大事なことかも。
 
人って都合よく見ていますのでね。
 
あるがままを見てみる。
あまり夫婦ではないのです。
ある一面しか見ていないから。
それが誤解かもしれないから。
そこから気が付くことがたくさんあります。