夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【未来の姿】
【いい夫婦】
【産後クライシス】
【これからです】
【モラハラの正体】

最も人気の高い記事

【未来の姿】
【いい夫婦】
【産後クライシス】
【これからです】
【モラハラの正体】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

浮気問題

【立派な不貞】

不貞の問題、
浮気の問題というのは
不滅な気がしています。
とはいえ、中身はいろいろと違いがあります。
 
ただ、「不貞」というのは、
配偶者以外との肉体関係を言います。
 
特定の誰かとの不倫関係。
風俗通い。
出会い系。
どれも不貞です。
同じ。
 
同じ扱いです。
 
個人としてどう取るか?は
その人の判断です。
 
一度風俗に行ってもダメな人はダメだし、
何度不倫をされてもやり直したいという人もいます。
 
中身はそれぞれ。
 
だけど、法律ははっきりしています。
「不貞」です。
 
その認識は持ってください。
 
理由はどうでもいいのです。
 
風俗通いの夫が
「だって風俗ですよ」と言います。
それもアウト。
立派な不貞。
 
不倫関係の夫が好きでもなかったと言います。
それもアウト。
立派な不貞です。
 
だから罪が軽いということはないし、
同じです。
等しく同じ。
理由は問われません。
なぜ不貞に至ったかという。
関係ないのです。
そんなことは。
 
やったことが問題なのであって。
不貞は不貞、なだけです。
 

【不貞】

不貞というのは
いろいろ認識があるようで、
その人なりに。
 
ある風俗に行っていた夫。
「いやあ、ちょっと若い子と遊んだだけ」と言います。
 
でも回を重ねて風俗に行っていれば
不貞です。
本人は違うといっても。
 
出会い系も同じです。
相手変わって主変わらずで、
出会い系で遊んでいれば、
それも不貞。
 
特定の誰かと浮気とか不倫とか
といった状態になるのも不貞。
 
浮気していた人は
「浮気ですから」と言います。
浮気ならいいのか! って突っ込みたくなります。
なんと「不貞」であることに対して希薄な意識か・・・。
 
「ただの浮気」なんていう人もいます。
 
いやいや、立派な不貞ですって。
 
なんでしょ、この罪の意識の軽さ。
 
どれも夫婦が壊れるっていうのに。
 
ダブルでしている人もいますしね。
それで不貞じゃないって
じゃ何が不貞よって。
 
心を奪われて特定の誰かと恋愛することを
差しているんでしょうか。
不貞とは。
そんな恋愛が来るのでしょうかね。
年齢ともに・・・?
はなはだ疑問です。
 
一方で不貞が何ぞやとわかっている人は、
しませんねぇ。
 
ひどい夫婦問題のさ中でも、
婚姻が継続している限りそんなことをしたら
不貞になるのでしない。
と明言します。
 
真っ二つにわかれます。
 
する人としない人。
 
何かな・・・倫理観?
価値観?
もっと単純なことか・・・。 
なんでしょうね。
この違いは。
 
不貞しちゃう人は法律を知らないだけなのか?
都合がよいだけなのか?
 
よくはわかりませんが、
不貞する人としない人に
はっきりわかれますね。

【選択するのが大事】

反省しない人っているのですよ。
世の中。
夫婦問題に接していると
ほんとにいるなぁ、という感じです。
 
自分の不貞を棚上げにして、
不貞したのは相手のせい、と言ったり。
 
ちゃんと不貞しているのに
していないと言ったりなんてザラ。
 
どういう思考? って人いるんですよ。
だけど、それが身近な夫だったり妻だったりすることが
なんで?
あり得ない?
と思うかもしませんが、
はっきりいっています。
 
まあほんとしょーもないという。
 
で、反省なんて辞書にはない人は
さらにエスカレートしていくことになります。
 
もうほんと、何度言うでしょう。
バカなのって。
ついね。
 
その一方で反省できる人は、
ちゃんと自分の罪を償っていく努力を重ねていきます。
 
夫の不貞がわかり苦しんでいた妻。
不貞はすぐに終わり、
ふたりは修復を目指しているのですが、
どうしても苦しくて、
すぐには前を向けない妻。
夫は「寄り添う」と言ってくれたそうです。
そう言ってほしかったんだと思う、と妻。
 
寄り添うって大事だよね。
寄り添う方もつらいときもあるかもしれないけど。
夫婦って寄り添うものだし、
そう約束したし。
 
本当の意味で寄り添うってどういうことか
日々積み重ねているんだと思います。
その夫婦は。
いいときもそうでないときも。
 
反省できない人はね、
早く見極めた方がいいです。
だって見込みがないから。
時間の無駄。
 
けっこう限られているんですよ。
人生の時間。
 
ある妻、夫の不貞発覚で、
それまで、不貞が見えないまでは
なんとしても修復でしたが、
冗談じゃないと離婚を決めました。
 
そういう潔のよさが必要なときがあります。
傷むのは同じです。
傷むのです。
だとしても、です。
選択を迫られているんだと思います。
夫婦問題って。

【取り返しがつかないこと】

台風被害がまだまだ、
不明の人も見つからないのに、
また次の台風・・・・。
これでもかっていう感じですね。
もういいよって・・・ほんとに・・・。
 
不貞って罪はけっこう重いと思うのですよ。
とくに離婚に至る場合。
不貞して結局家庭は壊れ、離婚する。
 
何もしていないのに、です。
よく不貞した側は
もともと夫婦は壊れていたとか、
うまくいっていなかったとか言いますが、
それと不貞は別の問題ですしね。
そこくっつけないでねって。
 
慰謝料といっても300万円が相場というか、
いってもということで法的には。
もちろんもっと払うという人もいます。
不貞しても全財産渡すとか、
そうなれば離婚も成立しやすくなります。
けど多くはそうはいかない。
 
なるべく払う額を少なくしようとしますしね。
 
なんだかね、です。
 
そこでこじれます。
離婚問題。
 
そりゃあそうだよね、と思います。
 
不貞して楽しんで、離婚したい。
もしくは離婚に至る。
 
割り切れないでしょう。
そんなに簡単には。
やられた側は。
 
だから罪はけっこう重いかなと。
支払わされる代価より。
本人はそうは思っていないけれど。
 
人に対してそれができちゃうってことが。
 
それでも生きていくんだろうけれど、
そういう人。
 
だけど人としてって考えてみると
どっちが幸せ?
 
身近な人を貶めて
自分のやりたいことを貫く人。
そんな人といっしょにいないで済むことを
もしかしたら、
ほんとにもしかしたら、なのですが、
喜ぶべきかも。
 
かすかなことですが。
 
身近な人の思いがわからない人と
いっしょに暮らすとか
関係を保つって大変だし
バカげているしね。
人生の無駄遣い。
限られているので人生って。
 
確かにそんな人と
なぜ結婚してしまったのだろう・・・という
反省が沸き上がってくるのもわかります。
取り返しのつかない反省。
 
だけど、夫婦の何よりのよさは他人に戻れる。
関係がなくなる、ということです。
関係を続けていくには
お互いの努力というか
寛容さとか、優しさとか必要だしね。
それがない人と関係は保てません。
 
関係は保てないのですよ。
それがないと。
 
こじれちゃったらそう思ってみて。
そもそも、そんな人とともに歩む意味がないということ。
確かに痛みは伴うかもしれないけれど、
そんなのひとときだから。
ほんとに。
 
罪が重いのはどちらか。
はっきりしているのが不貞問題です。
痛みはあったとしても。
何かそこでそもそも違うっていうことだと思います。
 
人の痛みがわからない人がそばにいても
あまり意味がないかもね、と思うし、
そんな人生は嫌だなって思うはずです。

【ブラックだね】

台風の被害がどんどん、じわじわ
大きくなっていて、驚いています。
夜は冷えてきました。
大変です・・・。
 
誰かと会っているのではないか、
また嘘をついているのではないか、
不貞した相手とやり直して修復中、
次々にわいてくる不安。
それに疲れてきます。
 
そうやって相手を疑うことに疲れ、
そういうことを考えている自分に疲れ。
 
なんだか気がついたら、
思ってもいないところに自分がいる感じ。
 
「もう嫌なんですよね。
そういうことが」
 
そうある妻が言っていました。
 
ばかばかしくなった、と。
こんなことからは解放されたい、と。
 
人を疑うとか、
嫌なものですからね。
自分が嫌です。
そもそも。
 
そんなふうにブラックな自分がいるのか・・・って。
ちょっと驚くと思います。
ブラックな自分に出合ってしまうわけです。
 
それに歯止めをかけないと
どんどんブラックに突き進んでいき、
復讐心すらわいてくることも。
 
だけど、ハッと気がつくと、
そんなことをしたところで・・・・と
そんな自分に嫌気が差している人は
冷静になります。
 
突き進んでいってしまう人は
救われないです。
 
突き進んだ果てにあるのは
破れかぶれみたいな状態。
傷だらけです。
 
でも、多くの人は、
ハッと気づきます。
 
やっぱり気づくか気づかないかって大事。
 
いろんな意味で。
 
ある妻は自分のやりたいことをやりたいように
突き進む。
とにかく突き進む。
親や子供を巻き込んでも。
 
で、結局墓穴ばっかり掘っています。
やることすべてが裏目。
 
ある夫も同じです。
自分の感情が収まらないから
突き進む。
次々に突き進む。
だけど結局墓穴になっています。
 
どちらも自分が不貞して、
それが発覚して、
それでもまだ何をしたか冷静にならず
突き進んでいる人たちです。
まあそういう人たちは
だいたい浮気したのは
あなた(おまえ)のせいなどと言っています。
 
一生言ってて、と思います。
 
ちょっと冷静さを取り戻すと
ちゃんと自分に戻れます。
任せてしまうとだめなんじゃないかな、
誰でもいいけれど、身近な誰かが
ストップをかけてくれることもあるし、
そういう人がいる人はラッキーですね。
墓穴にならないから。
 
ちゃんと戻ってこられるから。
戻ってきてね。
苦しんだり、迷ったりしても、と思います。