夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【立ち直る方法】
【夫婦はもろい】
【ぶつかってみてわかる】
【妻がライバルなの? 】
【妻の浮気、夫の浮気】

最も人気の高い記事

【立ち直る方法】
【夫婦はもろい】
【ぶつかってみてわかる】
【妻がライバルなの? 】
【妻の浮気、夫の浮気】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

自分の守り方

【ストレスだわ~】

今夜は満月で、とても夜空が明るいです。
月光浴できそうです。
部屋の明かりを消すと月の光で
室内が明るくなります。
しばらく心を落ち着けるのにはいいかもしれないです。
 
心がね、わさわさわします。
夫婦問題や離婚問題があると。
 
落ち着かない。
なんだか身が入らない。
いろんなことに。
それこそストレスです。
 
そんなストレスを感じていると
心身ともに不調をきたします。
 
何かストレスをうまく逃がしてあげられると
いいのですが。
 
がっつりストレスと向き合っちゃうと
ほんとにしんどいですから。
病気になります。
 
ストレスとうまく付き合っていく。
大事なので日頃から
自分のストレスの解放の方法を持っているように
するといいのではないかなと思います。
 
簡単にいうと、
気持ちがよい
心地よい、と感じることを
持っていればいいんです。
 
それと「無心」になれること。
 
いろんなことを忘れて
無心になれること。
 
まじめな人ほど真っ向から
ストレスと付き合っちゃうので
そんなことしない方がいいです。
 
適度に逃がす。
適度にやり過ごす。
適度に流す。
 
すべてがそれでは人としてダメですが、
適度に、が大事。
 
自分に対してもそんな厳しくしないで、
ほどほどに付き合う。
その方が楽に生きられます。

【我慢は報われる?!】

我慢して我慢して
とことん我慢してとうとう我慢しきれなくなって
キレてしまうより、
ほどとぼのところでキレているのがいいのか、と思います。
人って。
 
我慢は美徳でもなんでもなくなりつつあり、
我慢するだけ損的な面もある昨今です。
 
キレればいいか、というと
もちろんそんなこともありませんが、
必要以上の我慢をする
必要もないのです。
 
いくら結婚したとはいえ。
 
我慢でどうにかなることと
どうにもならないことがあります。
 
不貞している方は
一方が我慢すればするほど
続けるでしょうし、
まあ懲りるということはないでしょう。
 
だって一方の我慢で成り立つのですから。
 
だから我慢がいいかというと
そうでもない、と思っています。
 
人はキレるべきところでは
ちゃんとキレていいし、
そうするべきなのではとすら思います。
 
キレるといってもキレ方もありますけれどね。
 
もう我慢はしないよ、ということです。
 
一方の我慢で成り立つ関係なんて
しょせんおかしなバランスなので、
人間関係が成り立ってはいないのですよ。
ほんとのところ。
 
お互いなんじゃないでしょうか。
 
どこかをひっこめたり、
どこかを出したり。
甘えたり甘えさせたり。
そのバランスさえとれていればいいのだと思います。
 
我慢は不満ということですから。
 
何か不満があるわけですから、
そんなことが長くは続かないし、
破綻は時間の問題なだけです。
 
我慢することにあまり意味はなくなりつつあると思います。
 
我慢を脱していくことも
必要なんじゃないか、と思います。

我慢が報われるかっていうと
そうでもないんですよ。

【Open your eyes!】

誰かの一言とか、
何気なく聞いた言葉で
自分が思っていたことや
考えていたことが
ガラリと変わる瞬間を味わったことはあるでしょうか?
 
悩んでいるときほど。
 
Open your eyes!
 
目を開いて!
 
自分で思いこんでいたり
こうではないか、と決めつけていると
見えるものも見えないから。
 
やっぱり
Open your eyes!
 
ちゃんと見て! って
ときどき言います。
 
ちゃんとモノゴトを見て、
思いのフィルターを外して見てみてって。
きっと気づくはずだから。
 
気づけたら、次に行けるから。
 
次に行けたら、次々に行けるからって
思うんですよ。
 
ね、だってそれまでの経験値があって、
それらが稼働しだすから。
ちゃーんと自分で判断できるはず。
 
って、私は思っていて。
その人の感覚とか、
持っているものがやっと芽を出すのではないか、と
思っています。
 
それがあなただから。
 
ほんとの自分に戻るってことだから。
 
夫婦という関係の中で、
自分が歪められていると
とても居心地が悪くて、
なんだか変で。
 
なんでだろうって感じているはずです。
だけど、うまくやっていかないと、という
思いがそれを打ち消します。
 
だけどね、最終的には
自分のその居心地の悪さが
どうしても解消できない。
 
自分らしさを押し殺してまで
続ける関係ってなんなのだろう。
いくら子供のためとか
家庭のためとか、
家族のだめであっても。
 
あまりに苦しいと
そこに至ると思います。
なんだか苦しい。
 
がんばるところが違うのではない。
もしかしたら。
 
だって持っているエネルギーは同じなのですから、
どこに使うか。
 
Open your eyes!
目を開いて見てみて。
もしかしたらモノゴトは違って見えるのではないか、と
思うのですよ。

【感情に支配される】

久しぶりにというか
めったになったことのない頭痛になりました。
自律神経がこの気温の変化で
ついていけていないようです。
皆さまは大丈夫でしょうか。
 
感情に支配されているときは、
自分のことも相手のことも
考えることができなくて、じつは。
 
ただただ感情に支配されているだけ。
 
そこには自分に対しても相手に対しても
思いやりとか、いたわりなんてないです。
 
ただあるのは怒りであったり
悲しみであったり、それをわかってよ、と
思うのですが、わかるはずもなく、相手は。
結局は自分にとってつらくて苦しい感情があるだけ。
 
なのですが、それに支配されているわけなので、
ただ溺れるような状況です。
 
もっと楽になるのに、と思います。
 
どうしたら幸せになれるのか。
 
感情を手放してみるとわかるかもと思います。
 
もっと合理的にというか、
何が大事かということがわかれば、
感情も落ち着いてきます。
 
ですが、なかなかどうしてそれができないです。
 
ああしてほしい。
こうしてほしい。
そんな感情がますますそれに拍車をかけます。
不安が襲って感情が揺さぶられます。
 
感情に振り回されるという言い方がありますが、
ほんとうに放っておくとそんなことにすぐなります。
だけどちょっと待って! って
ストップを自分にかけてあげるといいんじゃないか、と
思っています。
 
感情の嵐にまみれてしまっている
自分を救ってあげることに注力してみると
楽になりますよ。
 
呼吸をしっかり落ち着いてしてみて、
そうすると感情も整ってきます。
不思議なことに思えるけれど当然のことで、
呼吸を整えることは心が整っていくことに
他なりません。
 
心配なことがあったり不安にとらわれていたり
そんなときは呼吸が浅くなっていたり
うまく呼吸できていないことが多いです。
だからパニック障害のように呼吸がうまくできなくなります。
気持ちとフィジカルはつながっているのでね。
 
たくさん吐いて、たくさん吸えると
しぜんと心が整います。
 

【幸せの実感】

いよいよ、元号の発表で
何になるのかなぁって気になりますね、少々。
毎日ニュースは大騒ぎだしね。
 
わりとふだん多くの場合で
「考えている」ことって意外と多いかと思います。
思考している。
 
なんせ、人は一日にパッと
いろんなことを6万回考えているそうですから。
 
だけど感じる脳へシフトするとどうなるか?
 
すごく充実します。
 
いろいろなことが。
 
自転車に乗っていたら、
風が気持ちがいいとか、寒いとか、
ちゃんと感じることができる。
 
道を歩いていたら
いかにいろんな人がいるかってことに気づく。
 
思考しているとまったく見えません。
 
自転車に乗っていても
何も見ていないような感じ。
何があったかもわからない。
 
今朝食べたものが何だったか
思い出せなかったりするのは
認知症とかそういうことは別として、
感じていないから。
 
けっこうそうやって時間を
通り過ぎてしまっているのではないかな。
もったいない。
 
だって朝コーヒーを飲んでおいしいな、と
感じることができるか。
ただのルーティンか。
 
どっちが幸せって
そりゃあ言うまでもないことです。
 
感じることをもっともっと意識的に
してみてはどうかなぁと思います。
そうするともっと楽しい時間も増えてくる。
そう感じられるはず。
 
夫婦も考えてしまうこともあるかとは思いますが、
もっと感じてみる。
 
この人が好きか嫌いか。
楽しいか楽しくないのか。
 
よりシンプルにしていってもいいのでは。
 
いろいろ考えたら夫婦の周りには
いろいろなことが付随しているので、
身動きができなくなります。
 
だけど、それって幸せなのか? なって。
 
今幸せかどうか?
将来とかいつかよりもっていうのが
大事なときがあります。
感じてみることが大事。
 
考えたってはじまらないというではないですか。
よく。
ほんとにそう思います。
考えるより感じてみると
幸せに近づくような気がするのです。