夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【家庭を省みる】
【妄想特急】
【メンタルより大事なもの】
【ほどほどの挫折】
【経済力と夫婦問題】

最も人気の高い記事

【家庭を省みる】
【妄想特急】
【メンタルより大事なもの】
【ほどほどの挫折】
【経済力と夫婦問題】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

自分の守り方

【すっきりしたい】

在宅時間が増えて太った~、という人多数。
さすがに長くなってきて
じわじわ来ますね。
それと体力が落ちるし、視力も落ちる。
 
今日は暇つぶしに
ハリウッドの人気女性俳優たちが「大乱闘」を
繰り広げる動画がちょっとおもしろいので、
お暇な方はどうぞ。
 
スタントマンとして活躍する俳優が声をかけて、
キャメロン・ディアスやドリュー・バリモア、
スカーレット・ヨハンソン、ハル・ベリーら、
スタントだけでなくハリウッドのトップ女優さんたちも出ていて、
なんだかすっきりします。
 
 
女優さんたちだけに
皆さんお上手な演技、ぶっ倒れ具合です。
お見事!
 
女優さんたちが「友達と遊びたい」と
暇つぶしに作った動画なので
暇つぶしにどうぞ。
 
調停は三密で延期のケースがほとんど、
裁判もテレビ電話でだったりして
なかなか夫婦問題、離婚問題
滞り気味です。
 
あっちもこっちも、もやもや。
コロナともども早くすっきりしたいよね~。
ちょっとすっきりしてみてください。
 

【ストレスに強くなる】

誰かに感謝することって
じつは自分の不安を解消してくれるそうです。
 
今不安って世界中に蔓延しているでしょ。
だけどじつは誰かに感謝することで、
その不安が解消される。
のだそうです。
 
オキシトシンという幸せホルモンと呼ばれ物質は
子供を産んだり、
母乳をあげていると大量に分泌されます。
 
オキシトシンが多く分泌されていると
ストレスにも強いことがわかっています。
 
で、誰かのことを思いやる。
共感の思いを持つと
オキシトシンが分泌されることもわかっています。
 
つまり誰かを思いやることは
自分の体も守っているっていうこと。
 
オキシトシンが多く分泌されていると
ストレスに強い。
 
別に出産や母乳を与えて居なくても
いいんですよ。
オキシトシンを分泌するには、
誰かのことを思うこと。
感謝することで、分泌されます。
 
人とスキンシップすることでも
オキシトシンは増加します。
 
今はスキンシップができないかもしれないけれど、
誰かを思うこと。
思いやりって大事です。
自分の身を守るのですから。
 

【不安】

 
体調がすぐれないっていう人が多いですね。
天気も寒かったり大雨だったりするし、
で、だるいと「もしかしてコロナ? 」って
思っちゃう。
 
そうでなくても春は春バテと
言われるような自律神経の乱れで
いろいろ体調不良が出やすい時期です。
 
私も一週間くらい前は
そんな感じでした。
なんだか体調がよくないし、
のども痛いし、コロナか? って。
 
今日はそんな友達の電話で起こされたし、
相談者の息子さんも
咳が出たら「コロナかも? 」って
どきどき。
 
不安でいっぱいです。
 
あっち向いてもこっち向いても
不安だらけ。
考えたらドボンと闇に落ちてしまいそう。
 
見えない不安って
ほんとに心にきますね。
 
夫婦問題もそうなんですよね。
未来が見えない。
不安。
どうなるのかわからない。
 
そうなるともうどうしようもなく不安。
悪いことばかりが思い浮かぶし、
しかも突然そんなところに落ちるし。
 
今まで幸せだと思っていたのに
突然離婚とか言われると
まさに不安のどん底です。
 
不安があまりに強いと体調も悪くなる。
ドン! と精神的にきます。
精神的に来ると体にも現れる。
 
予想外のこと、
そして見えない未来に対しては
誰でも不安を抱くものです。
 
でもできることをやっていくしかないんだろうな。
今できること。
何をしたらいいのかって考えて。
不安はあるけれど、
怖がってばかりいても怖いだけ。
 
みんな不安。
それぞれに不安を抱いて過ごしているんだよね。
今・・・。
 
不安を感じているときって
緊張状態を強いられているってこと。
もし不安を感じていたとしたら、
体を温めてあげてください。
緊張が少しだけ緩むから。

【強い人】

今年の冬は暖かかったですが、
春はなんだか暖かくならないです。
風が冷たいし、
ぽかぽかしてという日も
ないわけではないですが、
すぐに冷たい風が吹きます。
変な春です。
気持ちも全然春にはならないしね。
 
別居中でお子さんを育てているお母さん。
今のような状況でも
気持ちを強く持って子供と過ごしています。
 
えらいです。
大変なことがたくさんあるのに。
 
コロナのことだけで相当大変なのに。
 
仕事があったり
子育てがあって、
それでも向かっていく。
 
強いなぁと思います。
まさに母は強し。
たくましいです。
どんなことがあっても守ろうとする。
その姿は美しいです。
 
また、子供を連れ去られたお父さん。
子供と会えない日々が続いていましたが、
休校中の子供が会いに来ました。
 
よかったです。
 
じっと我慢していました。
会えるようになるまで、と。
だけど、子供のほうから連絡があり、
遊びにやってきました。
春が近づいたような気持ち、でしょうね。
 
会うことを阻んでいた妻ですが、
子供のほうからやってきました。
ほんとうによかったです。
 
 
ある意味じっとたえた、数カ月。
妻が会わせないので面会交流調停を
申し立てたのですが、
そこでちゃんと答えが出るまで、とたえていました。
 
だけど子供はそんなことは軽々と乗り越えて
自らやってきてくれました。
 
ほんとうによかったと思います。
そうやって自分の意志で動けることが
よかったと思います。
 
このお父さんもまた強い人で、
じっと我慢。
じっと耐えてきました。
 
みんなほんとに強いなぁと思います。
ほんとうに強い人は
黙って静かに、なんですね。

【DV被害】

緊急事態宣言が出されました。
家で過ごす一か月。
どのようなものになるのか。
前代未聞の事態です。
 
日本でもコロナの影響で
夫のDVで妻が亡くなりました。
世界中で配偶者によるDVが増加中。
家にこもることになったストレスを
配偶者、主に妻にぶつけるからです。
 
自分の抱えたストレスを
自分でどうにもできないのが
DVをしている人たちです。
 
モラハラも同じ。
もちろんDVですし。
 
自分のストレスを自分で
どうにかできない。
 
ヨーロッパでもアメリカでも南アフリカでも
夫からのDVが外出制限で増加。
国連機関が警告しています。
 
結局それだけ多いんでしょうね。
おそらく日本でも今後は増えてくるのでしょう。
 
夫が在宅になったことで
助けを求めることもしにくく
脱出できない被害者が増えそうです。
 
もし苦しい思いをしていたら
下記でも相談にのってくれるそうです。
「DV相談ナビ」(0570・0・55210)
 
コロナで命の危機にさらされる以前に
DVで命を落とさないために。
一歩勇気をもって
踏み出してみてください。