夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【未来の姿】
【いい夫婦】
【産後クライシス】
【これからです】
【モラハラの正体】

最も人気の高い記事

【未来の姿】
【いい夫婦】
【産後クライシス】
【これからです】
【モラハラの正体】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

離婚問題

【未来の姿】

離婚する人が異口同音に言うのは
「老後のふたりが想像できない」。
 
ふたりでいることの絵が想像できない
ということなのでしょう。
 
そこには心が離れきっているという
ことがあるのでしょう。
 
今は子供であるとか、
経済であるとか、
何かコネクトするものがあるのでしょうけれど、
それらがなくなっていったとき、
人と人として向き合ったとき、
いっしょにいる姿が
想像できないということなのでしょう。
 
間違えではないのだと思います。
 
未来の姿がいっこうに見えないのですから。
 
見えないけれど、
今はいっしょにいるという夫婦も
かなりの数にはなりますが。
いってみれば離婚予備軍
ということなのだと思います。
 
まあただ、一方はそう見えていても
一方にはまったく見えていないのが
離婚問題の難しさです。
 
一方には夫婦の未来が見えていない。
はっきりしています。
そのことは。
 
だけど、一方には未来が見えているというか、
描けているので、
離婚となったとき、なかなかじたばたです。
 
そこには夫婦の大誤解があります。
いろんな意味で。
 
離婚の大変さはそんなところです。
 
晴天の霹靂になるのも
そんなところから。
 
ある日突然ということになるのでしょう。
 
だけど一方にしてみたら
ずっと悩んでいたのです。
未来が見えなくて。
決断の時がいつ来るか、は
人それぞれ。
 
あるときパッと来る人もいるし、
子供が育った時に来る人もいるし、
熟年になってくる人もいるし。
 
未来の姿が見えていますかね?
 
 

【片づけ問題】

夫婦間で片づけ問題、家の。
けっこうあります。
 
妻側にしてみると
けっこうな問題。
夫側にしてみると大したことではない。
温度差が大きいです。
 
相談者でも何度か片づけてほしいと言ったけれど
全く改善されず、離婚に至った人もいます。
 
妻側は片づけてほしい。
夫側は片づけた。
だけどその認識の差に開きがあります。
 
妻にしてみれば全然片づいていいないじゃない。
夫にしてみると片づけた。
 
だから片づけ問題は夫婦問題の大きなずれを
表しているように思います。
認識のずれ。
 
相手がどう思っているか、が
欠落しているずれ。
 
どちらも正しいわけではないし、
間違っているわけでもないのです。
 
数的には少ないですが、
片づけられない妻というのもいて、
それはそれで問題で、そうした妻に
片づけてとか促したところで
ほぼ反発が返ってきますし、
ある意味では扱いが大変です。
 
もうちょっと片づけたらと夫が言って、
離婚問題に発展した夫婦もいます。
 
ただね、言われている方がまだいいです。
言わなくなったらもう終わり。
諦めているということですから。
 

【とんでも~!勘違い】

問題が起きている夫婦によくあるのですが、
相手の気持ちを読み間違えている。
たぶん今までの自分なりの法則にのっとって、なのですが。
 
全く違うことを考えているということが
理解できない。
想像できない。
 
今までそれでうまくいっていたから、
ということなのでしょう。
だけど人って変わるし、
我慢の限界もあるし、
変わるときは変わるんですよ。
 
それが想像できない。
 
ことごとく外れると言いますか、
ことごとくズレてくる。
 
問題を抱える夫婦はそうなります。
 
だからまったく的外れ。
 
よくある例では妻が離婚調停を申し立てた。
きっと誰かに押されて
親とか、弁護士さんとか、
妻がそんなことをするはずがない、
思うようなのですが、
本人がそう思って申し立てない限り
あり得ない話なのですが・・・・。
 
いくら周りの人に言われたとしても
本人が申し立てたいかどうか。
なんだけどなぁ・・・・って。
 
それとか、脅しで調停するぞ
裁判するぞ、
弁護士つけるぞ、
と言うのですが、
こちらとしてはどうぞ、どうぞ、だったりするのですが、
それが脅しになると思っている。
 
いや、むしろやってよ、
話し合っても埒が明かないし。
と思っていたりするんですけれどね。
それが脅しと思っているようです。
 
とんでも~!!! な勘違いが
夫婦問題ではよく起きます。
それほどズレている。
ということです。
だから夫婦問題なのです。
 

【頑張る努力】

夫とどうもうまくはいかない。
伝わらない。
努力はしたけれど伝わらない。
そんなことを繰り返してきて、
行き詰まりを感じた相談者。
 
「頑張る努力はほかに使いたい」
そうおっしゃいました。
 
仕事もあるし、
子育てもあるし、
自分のエネルギーは有限ではないので、
確かに。
 
そばにいる相手に伝わらないというのは
虚しいものです。
努力しても伝わらない。
 
「大したことのないことの積み重ねだった」とも。
だけどうまくはいかない。
だとしたら、どこかでシフトチェンジ。
シフトチェンジのタイミングは大事です。
 
終わりのない努力なんてしても意味ないし、
どこかで線引きが必要です。
 
努力は別のことでしてもいいのかもしれないです。
ほんとに。
 
仲良くやれないのだとしたら。
見極めていく。
見極めは早すぎても遅すぎてもダメで、
どちらもむしろややこしくなります。
 
よいタイミングで見極めていくことが大事です。
タイミングを逃さないことです。
 
それは大事なことです。
 
頑張るならもっとほかのことで頑張りたい。
その方がいいです。
頑張り過ぎてボロボロになるより。
夫婦だけが人生ではないですから。
 
その人は
私も変われない。
あなたも変われない。
もう無理だと思ったそうです。
限界ですね。
夫婦の。
リミットです。
 

【離婚調停の意味】

ようやく安定した晴れが続くようで、
秋晴れが・・・。
1か月くらい季節が遅いんでしょうかね。
 
離婚調停はふたりで話し合うことができない
話しにならない。
そんな夫婦は調停で話し合うことになります。
 
一方が離婚したい。
だけど一方は離婚したくない。
意見が別方向だったり、
仮に離婚には合意できていたとしても
離婚の条件がすり合わない。
 
そんなときに調停を申し立てます。
 
ですが、あくまで話し合いの場なので、
一方が離婚したくなければ
離婚は成立しませんし、
離婚しなさい、ということになることはありません。
 
なんとなくわかりずらい制度ですが、
まあ、そういう制度です。
 
要は話し合えない夫婦が第3者をはさんで
話し合うという。
 
円満調停と言われるものもありますが、
あまり機能はしていません。
中身的には離婚調停になることも多く、
円満になるための方法を
提示してくれというわけでもないですし、
一方が離婚したい場合などは
実質離婚の調停になっていきます。
要は強制力はないのが調停です。
 
話し合えないところまで行くのが夫婦で、
ほんとに終わりというのはある意味では大変。
だけどひととき。
その大変さは。
 
別居して自分をとり戻せたという人は多いです。
離婚して元気になったという人も。
 
それまで、「なんとかうまくやろう」
「なんとか「うまくやらなければ」と
「うまくいく方」を誰しも見ていくものですし、
それでいい面もあるのですが、
うまくいかないことはあるものです。
どんなことでも。
一度結んだ関係性です。
なんとか継続するのがいいこと
という前提もあるのでね。
 
だけど、ダメなものはダメでいいし、
その見極めも大事です。
 
ダメなものにいつまでもぶら下がっていてると
人生の貴重な時間を使うことになるし。
 
結婚っていつでもメリットとデメリットの
はざまで揺れているようなところがあるので、
デメリットが多くなった瞬間、
終わるんです。
 
まあ調停というのは
その終わり方が
いかに難しいかってことなんでしょう。
だからある制度。
いろいろと整理しなければならないことが
物質的にも経済的にもあるし、
生み出してしまったものもあるわけですからね。