夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【問題の悪化】
【浮気癖】
【葛藤】
【面会交流の難しさ】
【執着して苦しい】

最も人気の高い記事

【問題の悪化】
【浮気癖】
【葛藤】
【面会交流の難しさ】
【執着して苦しい】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【続けることを目指す!? 】

「夫に殺意を覚えました」とおっしゃる人
多いです。
 
まあそもそも検索キーワード、
「夫」の次は「死ね」だったりするそうですから、
不思議なことではないかもしれません。
 
おそらく夫たちが「そこ!? 」というような
ところで殺意を駆り立てています。
だからうまくはいかない。
 
「そこ!?」を回避できている人は
そもそも死ねなんて思われないですからね。
 
悲しいかな夫婦って、
行違っていくとどんどん
行違っていきます。
 
殺意とうらはらな夫婦生活。
できる人はできちゃいます。
 
殺意を覚えられながら
知らずに暮らしているってどんな感じなのだろう・・・。
知らないというか鈍感というか。
 
よく熟年離婚する方は
「このまま行っていつか夫を殺してしまうような
ことになるのが嫌だ。だから離婚する」と言います。
 
認知症とかなったら自分でもわからないですからね。
 
だけどそこまでぎりぎりの夫婦の生活。
だったらいくつであっても
リセットした方がいいんだろうな、と思います。
 
リセットできないのは、
自分に自信がないこともあるのかもしれません。
 
経済的なことが理由なのかもしれません。
 
だとしたら打破すればいいのではないか
と思うのですけれど・・・・・。
 
けっこう打破できますよ。
どうにかなるものです。
 
今と同じを続けようとしていることが問題なのでは
と思うことも多いです。
 
同じことを続けたがるものなのでね、人間。
でも実際には同じなんてないのに。
維持できるような気になっている。
維持はできないのです。
嫌でも変わっていってしまうものなので。
だったら受け身でいるより、
突破していくほうがよいかなぁと思います。