夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【浮気癖】
【葛藤】
【面会交流の難しさ】
【執着して苦しい】
【問題の回避】

最も人気の高い記事

【浮気癖】
【葛藤】
【面会交流の難しさ】
【執着して苦しい】
【問題の回避】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【過去の出来事】

よく過去のことだからもう片付いている
と思うことが問題になることがあるのですが、
過去のことなのでもういいだろう、と思っても、
一方にとっては、その過去のことが問題なのです。
 
浮気したけれど、もう終わっているのだから
済んだこと、と思えるのはしている方の理論で、
された側にしてみると、その過去のことが問題なわけです。
 
そこで失われたものがいかに大きいか、
ということにやった側は気づかない。
 
言葉もそうです。
過去に言われた発言というのは
何十年経ってもずっとずっと尾を引くことがあります。
言った側は言ったことすら忘れていたとしても
言われた側にとってはそうはいかない。
 
そのひと言が決定的! なんてことは
珍しいことではないです。
 
過去のことなのに、と言っても
過去になっているのは一方だけで、
もう一方にとっては過去ではないところが問題なんです。
 
過去は現在につながっているわけで、
現在の問題を引き起こしているのは
過去の出来事なわけですから。
 
過去は過去なんて
割り切れるぐらいなら
どれほど楽でしょうか。
 
割り切れないし、
その過去に取り返しのつかないことがあったからこそ、
未来も見えないってことになります。