夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【進化していかれる】
【無理は禁物】
【ニュートラル】
【悪いシュミレーション】
【脱出】

最も人気の高い記事

【進化していかれる】
【無理は禁物】
【ニュートラル】
【悪いシュミレーション】
【脱出】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【失う痛み】

離婚っていろんなものを失います。
「失いたくない」
そんな言葉で言ったらいいのでしょうか。
 
妻や夫を、ときには子どもを。
そして財産も。
今までふたりで築いたものはいったん失う。
離婚したいと言われた側は
そうして苦しみます。
 
だけど離婚したいと言う側は
もしかしたらそのずっと前に失っているものが
あるのかもしれません。
愛情や信頼や月日や・・・。
 
まるで失うためのひとつの通過点。
 
離婚を勧めることも
止めることもしませんが、
そばにいるとそんな気がします。
 
失うことが離婚。
だけどそれで終わりでないのだろうな、とは思います。
 
失って、次に進むためなのかな、と思うことも多いです。
 
離婚と言われた側は終わりのような気がするものですが、
それでも続きます。
続くうちになんだか新しい未来が見えてくる人もいます。
次があります。
いろんな意味で。
想像していなかっただけで。
 
離婚と言われて、いろいろあったけれど離婚して、
今は存分に楽しんでいるという人は
たくさんいます。
 
離婚と言った側は
未来が見えているから離婚。
離婚に未来が見えたから。
だから未来に積極的です。
想像ができていたというべきか。
 
失うけれど、また何かを得ていくのが
離婚っていう経験なんだろうな、と思います。
ほんとに通過点みたい。
失うのは得るため。
そんな気がしてなりません。
 
失う痛みはありますが、
恐れてばかりいる方がかえって未来を
暗いものにしているかもしれません。
前を見てみたら意外なものが見えるかも。
 
失うのはつらいけど、
恐れてばかりいても始まらない気がします。
 
ある夫「離婚したい」という妻に
「10年後に君が後悔する」と――。
妻は「いや、いっしょにいたら今後悔する」という
答えが出ています――。