夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【ズレを回避する】
【ちょっとした距離】
【別居している親との交流】
【次の失敗】
【見過ごしていた問題】

最も人気の高い記事

【ズレを回避する】
【ちょっとした距離】
【別居している親との交流】
【次の失敗】
【見過ごしていた問題】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【やり直し】


日大アメフト部の学生さんの会見を見ていて、
なんだか複雑な気持ち。
若い人がこんな経験・・・したくなかっただろうな、
怪我した学生さんはもちろんのこと。
しかも大好きなスポーツのことで。
大人がしっかりしないといけないな・・・と
わが身もふり返りつつ、
何を守るのかを見失うと
とんでもない未来へ負の遺産を背負わせ
道を迷わせてしまいますね。
 
「こんな笑顔でいられる日が来るなんて」と
その方は言いました。
わずかに3か月でした。
初めてお目にかかって。
 
プツリと何かが終わり、
再生した自分に出会ったようでした。
 
夫婦問題があり、
表面上の問題がなくなったわけでも
状況が変わったわけでもないのですが、
ご本人の心の問題。
 
晴れ晴れとして、というのが
最もピッタリとした表現なのかな。
 
「何を悩んでくよくよとしていたのだろうと思えます」
 
そうはっきりとおっしゃって。
 
おそらく、その人の今ある問題の本質が見えた。
自分でつかめたのだろう、と思います。
 
別の言い方をすると
自分の中での答えがわかった。
 
悩んだ末です。
 
そして福祉のお仕事をしているのですが、
「本当にこの仕事が大好きなんです」と
その瞳は一段と輝いています。
 
よかったねぇ~、ほんとに。
 
問題があったとしても
解決なんてしていなかったとしても、
自分の進む道が見えた人は
迷いがなくて、何をすべきがまっすぐにわかって、
しがらみを1枚ずつ脱いでいきます。
 
だから心が軽くなる。
フットワークも軽くなる。
いらないものは脱ぎ捨てていいんじゃない。
 
かの日大の学生さんも
さぞやいろんなしがらみが重くて、
なんだか居心地が悪かったんじゃないでしょうか。
だから何を言われようとも、
批判も含めて自分の進む方へと
歩みを進めたのではないか、と
思えるのですが。
 
自分の人生に対しての真摯に向き合うと
ときに痛みがあることがあるのかもしれないけれど、
それでも自分に対して嘘はつきたくない
ということなのではないかなぁ。
 
平気で嘘をついている人は
そんなわけにはいきませんけれど。
 
自分を大切にできる人はたぶん。
そして、自分を大切にできない人は
他者を大切になんてできないのではないか、
とも思うんです。
 
大切にするというのは
人生を丁寧に進むということかな。
いいかげんにしていいことと
してはいけないことの違いがわかる。
間違えがあれば、反省してもう一度出直してみる。
だれだって間違えるのですから。
間違えたら今一度正してみればいいではないですか。