夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【ズレを回避する】
【ちょっとした距離】
【別居している親との交流】
【次の失敗】
【見過ごしていた問題】

最も人気の高い記事

【ズレを回避する】
【ちょっとした距離】
【別居している親との交流】
【次の失敗】
【見過ごしていた問題】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【ひとりでは幸せになれない】

酷暑と呼ぶにふさわしい、暑さが続いています。
大丈夫だろうか、この夏を
乗り切れるのだろうか、なんて思っちゃいますよね。
 
幸福感というのはじつは伝わっていく
と言われています。
 
幸福を感じながら毎日を送っている人は
周りの人も幸福にすると言えます。
伝わるものなんですね。
 
というのも人って
ひとりで幸福なんてありえないわけで、
必ず他者とのつながり中で、
幸福であるとか
不幸であるとか感じるものです。
 
自分ひとりだったらこうも不幸もないのかも。
 
ひとりでは決して幸福にはたどりつけない、
と言っていいのではないかと思います。
 
アメリカの研究では
他者とのつながりが少ない人は
たくさんつながりを持っている人の
男性で2.3倍、女性で2.8倍も
死亡リスクが高いことが研究からわかっています。
 
そのくらい人とのつながりが幸福感はもとより
自分の命でさえも、左右しています。
 
誰かと暮らしているということは
自己実現が目的ではなくて、
自分が幸せになるため。
つまり夫婦も自分が幸せになるための存在だと
言えるのではないかな、と思います。
 
だってもしも自己実現のためだけなら
ひとりで完結すればいいことです。
ですが、結婚をしたい、
子どもが欲しいといったことが自己実現に入るのだとしたら、
それは他者との関係というところを
考慮していかないとなりません。
 
よくあるのは結婚したかった。
子どもがほしかった。
そこを実現したらもう夫はいらないかも? なんていうこと。
 
その夫たちの相談を受けていると
ひどいな、と感じることはままあります。
それって結局のところ幸せなのかな?
だれかを利用するような形で
自分の幸せって手に入るものなのだろうか?
と私は思っています。
 
男捨離にもほどがある。
 
なーんてね。
 
幸せは伝わっていくものである。
 
ということ。
なぜなら人は社会的な動物で
ひとりでは幸福にはなれないからです。