夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【浮気癖】
【葛藤】
【面会交流の難しさ】
【執着して苦しい】
【問題の回避】

最も人気の高い記事

【浮気癖】
【葛藤】
【面会交流の難しさ】
【執着して苦しい】
【問題の回避】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【子どもの反抗期と夫婦問題】

今夜は15年ぶりの火星大接近なのだそうですね。
けっこうここのところ大きく火星が見えていました。
赤いよね、火星ってとても。
有機物がある可能性もしくは
いた可能性もあるって
昨今話題になっていました。
いたら・・・と想像するとなんだか
ちょっとわくわくしますね。
 
お子さんが小5で反抗期で・・・
お母さんちょっとやりにくい・・・・。
まったくもう! って思いますよね。
でもそうやって安心して反抗期であることは
大事な気がします。
 
どこかのCMではないですが
「反抗期キター!!」です。
来るのは当然だし、
むしろ喜ばしいことだけど、
実際のところ面倒なものですが、親にとっては。
今までかわいいと思っていた子が
いきなり反抗し出して
屁理屈を並べ立てるわけで、
なんて憎たらしいと思うこともしばし。
 
だけど、そんなお話しを聞いていて、
のびのびと反抗できることが
大事なことなんじゃないかなぁと思ったんです。
反抗期の年なんだから、
反抗してあたりまえ。
 
そのお子さんのお父さん、つりは相談者の夫ですが、
姑は「反抗期がなかったの」がご自慢。
そのせいか大人になっても大人になりきらないし、
ひどく子どもじみています。
言うこともやっていることも。
だけど姑の言うことだけは守る・・・?
言っていることは中学生並み・・・・。
 
反抗期がないっていいのか悪いのか?
 
反抗という目に見えたものもありますが、
その裏にあるのは成長しているってことですからね。
その証みたいなものです。
 
確かに手を焼きますが、一過性。
ひとときです。
 
それと夫婦問題があって
子どもが親に気を遣っていると
まこまごと反抗期などやっていられません。
子どもはすごく仲の悪い親に気を遣います。
だからいい子でいたりします。
 
少しでも親の手を煩わせないようにしようと思ったり、
子どもなりに心を痛めています。
 
それ自体が少し歪んだことです。
 
だから大変だけど、
反抗期キター! と思って、
のびのびと反抗できる子に
成長を見つけてほしいです。
ときにムキになってしまったっていいし、
戦ったっていいじゃないですか。
 
のびのび反抗させてあげてほしいな、と思います。
のびのび家庭の中でできることが
家庭は大事な気がしています。
言いたいことを言って、
やりたいことができる。
それができないとおかしな出方を
将来にわたってしてしまうのでは?
 
父親か母親がモラハラなんて場合、
子どもは委縮しちゃって反抗どころではなくなります。
 
ようこそ反抗期、WELCOME!
くらいに思っちゃってね。
過程が平和ってこととイコールってて思っていいんでは?
などと思います。