夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【ズレを回避する】
【ちょっとした距離】
【別居している親との交流】
【次の失敗】
【見過ごしていた問題】

最も人気の高い記事

【ズレを回避する】
【ちょっとした距離】
【別居している親との交流】
【次の失敗】
【見過ごしていた問題】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【今までだったら・・・】

いよいよ8月、夏休みも中盤に突入。
でも今年はプールもガラガラというか
暑いので禁止なんていう地域もあるみたいだし、
室内で過ごすことが多そうですね。
 
離婚問題って言われた側にとっては
突然のことで、晴天の霹靂! ですが、
離婚と言っている側にとっては
ずっと考えていたことで、
言ってみれば、最後の一歩、
みたいなところがあります。
 
離婚問題は大きくふたりの間での温度がズレています。
 
言われた側はそこからが悩み。
 
このズレはずっと続きます。
 
それと言われた側、
とくに離婚事由がある場合などは、
それでものまだ本人が離婚したいと
思っているとは、言われた側は
信じられないようです。
 
親に勧められたのではないか、とか
弁護士に勧められたのではないか、とか
思うみたいです。
 
というのは、それまでと相手が大きく変わってしまったので、
なんで今までそれでなんとか済んでいたことが
離婚問題に発展するのか、理解できないみたいです。
 
浮気問題がある場合など、
今まで浮気を許されていた、
浮気しても修復を望んでいたはずの
妻(夫)から離婚と言われると
にわかには信じられないようです。
 
今までそれでも離婚と言われなかったからでしょうかね?
 
ずっと同じなんてあるわけないので、
変わるんですけれど・・・・
それがどうも理解できないみたい。
 
変わっちゃうんですよね、人って。
だれでも。
 
だから今まで浮気されても
目をつぶっていた人も
あるとき、つぶらなくなる。
なんてことはごくごく当たり前に起きます。
 
今までだったら・・・が
通用しないのが離婚です。
 
そのあたりの温度差はすごいですね。
離婚問題って。
こうも違うか、というくらいです。
 
離婚したい側は未来を見ていると
いうような感じがします。
 
離婚の先の未来。
 
よくは見えていなくても
そっちの方が明るいということ
なんだろうなと思います。
本人にとって。
 
今までのルールは終わりが
離婚問題です。