夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【進化していかれる】
【無理は禁物】
【ニュートラル】
【悪いシュミレーション】
【脱出】

最も人気の高い記事

【進化していかれる】
【無理は禁物】
【ニュートラル】
【悪いシュミレーション】
【脱出】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【問題の回避】

妻がいかに今まで悩んでいたか、
ようやくわかりました・・・・。
とおっしゃる男性の相談者、
けっこう多いです。
反省の弁を述べられます。
ようやくわかった・・・と。
 
そこまでいかないとわからないみたい。
 
逆に妻が同じように反省の弁を述べられることもあります。
 
夫婦って、自分のやりたいことを
するためにあるわけではないので、
ふたりでどうしたいか?
ふたりでどんな家庭にして、
どんな未来を見ているか?
 
夫婦は自分のパーツのひとつだけど、
自分の夢や希望を実現するものではなくて、
もし、そうだったらひとりでいる方がずっといいと思います。
 
誰かと暮らすって
面倒もたくさんあるし、
気も遣うし、
やっかいなことも多いです。
だけどいっしょにいるのはなぜなのか?
 
ふたりの目的というのが
あるんじゃないかと思うし、
それがないと続けるのが難しい。
 
自分の希望や夢があったとして
それが夫婦でズレていたとしたら。
どこかで修正しないと続かない。
 
相手には相手の夢や希望があるのだろうし、
一方的に押し付けてもね・・・・。
関係性が成立しないのです。
 
譲歩も必要かもしれないしね。
だけど譲歩だけでは成立しないともいうこともあるし。
 
だけど、意外と相手のことを
相手がどう考えているかを無視していることが
多いのかもしれないです。
それと勝手に「こうに違いない」と決めてしまっている。
相手の考えていることを知ると
たぶん自分か゛どうしたらいいのか、
ということが見えるんだと思います。
 
とはいえ、それはまだ問題が表面化する前なら。
表面化してしまうともう問題になっているので、
反省の弁を述べてもどこまで届くのか・・・。
 
相手が何を考えているのか、
何を望んでいるのか、
もう少しよく知ろうとして見ると
問題は回避できるのかもしれないです。
どうしも夫婦になると「自分」が前へと出ます。
不思議なものです。