夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【進化していかれる】
【無理は禁物】
【ニュートラル】
【悪いシュミレーション】
【脱出】

最も人気の高い記事

【進化していかれる】
【無理は禁物】
【ニュートラル】
【悪いシュミレーション】
【脱出】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【ここまでズレる】

今年はさんまが豊漁のうえ、脂がのっている! とか
秋のニュースですね・・・。
 
話し合いにならないとか、
話し合いができないとか、
よく夫婦問題が起きると、そんな状態に。
 
ただ、それまで話し合いをしてきたか? というと
そうでもなかったりするのですが
問題が起きると「話し合いでどうにかしなきゃ」と
思うものなのかもしれないです。
 
でも、実際のところ話し合いで
どうにかなる問題とならない問題があるし、
そもそも話し合いにならない。
 
むしろ話しにならないということも多くて・・・
別の言語、別の惑星に生きているのじゃないか・・・
な~んて思うに至ることもあります。
 
つまり話し合いにはならない。
 
だから問題が起きた。
 
これでいいと思いがちなので、夫婦って。
 
 
問題が起きた以降は、やっぱり話し合いにならない
っていうのを積み重ねていくような面があります。
 
聞けば聞くほど
ああ、やっぱり話し合いにはならないわけだ、と。
話し合っても仕方ないというところに至ります。
 
そんなことを理解していくことになりがちです。
つまり、すれ違いのその違いがまざまざとわかってくる。
 
だって相手は理解しようとも思っていないし、
こちらとしても理解はできないから。
 
そんなふたりの間にあるのはすれ違いか
溝みたいなもので、
その溝はどんどんと開いていくばかり。
 
いっしょに暮していても
たぶんほんとうにある一面しか見ていないので、
わからないことだらけ。
夫婦も家族もそうかもしれません。
 
自分の中にわいた疑問というのは
どんどん大きくなっていくしね。
 
違うってわかっていても
理解していても実際のところ
感覚的な問題は別で、
「なんで? 」とつい思ってしまうものです。
理解できないことは。
 
そうやって溝を広げていく。
止めようとはしない。
 
もともが他人なので、
そこで別の人生を歩くと
いう決断になるのだと思います。
 
それができるのも
ある意味では夫婦のよさなんですが、
「問題」が起きている間はそう思えないことも多いです。
 
話し合いってそもそも問題が起きているとき、
できるものなのか?
しても答えは出るものなのか?
できたらいいとは思っています。
 
離婚していく夫婦を見ていると
そんなふうに感じることが圧倒的です。
ときにはそこまでやるか
くらいズレていますから・・・。