夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【進化していかれる】
【無理は禁物】
【ニュートラル】
【悪いシュミレーション】
【脱出】

最も人気の高い記事

【進化していかれる】
【無理は禁物】
【ニュートラル】
【悪いシュミレーション】
【脱出】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【離婚裁判】

離婚調停というのは
どこかお互いに譲り合うということが必要です。
 
夫婦の最後の譲り合いをもって
離婚するということだと思います。
 
ですが、それができない夫婦は、裁判へと移行します。
しかたないですね。
 
譲り合えないのですから、とことん。
 
自己主張ばかりの人っているんです。
ほんとに。
そんな人と話し合えるわけがないし、
話し合う時間も無駄だし、
自分の主張だけが通るなら
こんなに簡単なことはありません。
 
だけど通らないから調停ってことが理解できない人は
とことん主張します。
だから結果、裁判へと移行します。
 
で、裁判でもおそらく主張します。
 
何が根拠か? はいろいろです。
自分が正しいと思っているケースがよくあります。
 
そう思ったら裁判がいいと思います。
 
話し合いにもならないし、
譲り合いもないので
一定のルールで決めてもらうのがいいと思うから。
 
話し合う余地なしというか、
時間の無駄というか。
 
あまり正しいとか正しくないとか
どうでもいいことなんですけれどね。
それがわからないと正しさの主張になります。
 
正しいから離婚とか
ないですから。
もともと。
 
正しいと正しくないという基準でないところで
離婚問題になっているので、
それを正誤ではかることがそもそも無理。
 
そう思っています。