夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【100%を目指さない】
【直感力か思い込みか】
【夫婦だけどひとり】
【子どもは何を見ている】
【浮気問題】

最も人気の高い記事

【100%を目指さない】
【直感力か思い込みか】
【夫婦だけどひとり】
【子どもは何を見ている】
【浮気問題】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【放った言葉】

台風24号、またまた週末にかけて、
列島大荒れ・・・・です。
今回は勢力がかなり強いみたいで・・・
困りますね・・・。
 
言葉って私は重みが基本、あるものだと思うので、
言ったこと、書いたことというのは
発した人に責任があるのだと思います。
 
だけど言葉は受け手のものでもあるので、
どう受け取られるか、というのは
いつもどこかにないといけないのではなか、とも思います。
発する側は。
 
よくそんなつもりはなかったと、
夫婦問題とか、
離婚問題ではありますが、
言ってしまったらそれはもう
自分ではどうにもならない。
だけど責任はある。
そういうものだと思います。
その覚悟は必要なのでは?と思います。
 
言った言葉には常に責任が伴うって
ことだと思うんです。
 
だからよく考えて言葉というのは発しないと
誤解に誤解を招きます。
誤解を招くと後で解ければいいですが、
解けないとそのまま。
人間関係に影響を及ぼします。
 
夫婦問題なんて誤解の積み重ねで
できているようなところがありますから。
 
でもその誤解ってじつは誤解ではないところがあって、
やはり放った言葉に対して
責任を取っていないという面で言うと、
その人の側面を表しているんだと思います。
 
不用意ではない人は
不確定なことは言葉にしないし、
予測もあまり言葉にはしません。
事実しか言いません。
 
その逆に言葉をもてあそぶような人は
言葉で人を脅したり、
支配しようとします。
その極端な行き過ぎたのがモラハラです。
 
モラハラまでいかなくても権力的だったり
上からだったり。
それでなんとかしようとします。
 
言葉はとても重要なもの。
発したことはその人に責任がある、ということ。
しっかりと自覚してみてください。
そうすると自ずと発する言葉に関して
敏感になるはずだから。
 
言い訳がうまいとか、
そんなこととは別次元の話です。
言い訳なんてある程度の年齢になれば
全部見えちゃうし、
それをわかったうえで、なんていうのは当然なので、
そんなことではなくて、
もっと自分に対してどれくらい、
真面目に向き合っているか、が、言葉に現れるということ。
 
言葉っていうのは、
発した限り、その責任はつきまとうと思います。