夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【100%を目指さない】
【直感力か思い込みか】
【夫婦だけどひとり】
【子どもは何を見ている】
【浮気問題】

最も人気の高い記事

【100%を目指さない】
【直感力か思い込みか】
【夫婦だけどひとり】
【子どもは何を見ている】
【浮気問題】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【我慢すれば夫婦はどうにかなる?】

いろんなハラスメントが蔓延している感じですが、
日本人は我慢が美徳といった価値観があるので
ちょっとやそっとではギブアップしてはいけない、
といったような思いが根底にあるんじゃないでしょうか。
それがかえってモラハラをはびこらせているかな? 
なんて、思うことがあります。
 
嫌なものは嫌。
できれば早いうちに言った方がいいです。
我慢することはない。
わがままと我慢しないのとは違いますから。
 
夫婦関係を悪化させるものは
相手が嫌だということをすること。
これに尽きると思っています。
嫌だと言っていることをし続ければ
いずれ破たんします。
 
当然の法則みたいなもので、
嫌だ、といっているのだとしたら止めればいい。
それだけ。
それができなければ、
関係が悪化するのは必須だし、
所詮は他人同士、元の他人に戻ることになります。
 
家庭をうまくやっていきたい。
やっていかなければというのはわかります。
だけど、それだけで夫婦の関係は保てるのでしょうか?
 
家庭の前に夫婦があるんじゃないかと思います。
 
ハラスメントする人は
自分のルールが大好きです。
10分以内に答えて、とか。
いついつまでに離婚して、とか。
だれが決めたの?
といったようなルールを勝手に作って押し付けてきます。
 
でハラスメントを受けている側も
なんで従うの?
と第3者からしたら思えるのですが、
そのルールに従おうと努力したりします。
 
そんな馬鹿げたマイルールに従わなければいけない
なんてことは、誰が言ったの?
だれが決めたの?
って思うのだけれど、
まずはその思考から外れることが大変です。
 
我慢で夫婦は保てないです。
昭和やそれ以前の夫婦じゃあるまいし、
平成も最後になるという時代です。
我慢は美徳でもなんでもなくなりつつあります。
 
それよりは自分の意思で自分の人生を歩くことのほうが
どれだけ大事か、という時代です。
 
我慢でなんとか乗り切ろうとしても、
我慢し過ぎちゃったねぇ、
と思われるのがせいぜい。
 
自分が嫌だ、
自分がおかしいということは、
自分の責任において、
ちゃんと突破していくことが大事なんじゃないかな。
お子さんがいる場合はとくに。
子どもたちは道の時代を生き行くわけで
過去の時代の価値観なんておそらくは通用しない時代を
生きていくから。