夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【100%を目指さない】
【直感力か思い込みか】
【夫婦だけどひとり】
【子どもは何を見ている】
【浮気問題】

最も人気の高い記事

【100%を目指さない】
【直感力か思い込みか】
【夫婦だけどひとり】
【子どもは何を見ている】
【浮気問題】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【子どもは何を見ている】

子どもはお父さんとお母さんが仲良くしていてほしい
と思っているものです。
どんな年齢になっても基本はそう思うものでしょう。
 
とても健全なんです。
子どもは。
 
よくね、子どもはパパとママと仲良くして!
と言われた。
離婚は嫌と言われた。
とおっしゃいます。
 
本来は両親に仲良くしていてほしい。
それは万国共通、子ども願いです。
だけど仲良くできないのだとしたら、
どうしましょうか?
 
いればいいのか?
 
とにかくいっしょに?
 
子どもは成長中で大人とは違います。
 
仲の悪い夫婦をお手本とする。
もしくは反面教師として何かを学習する。
男と女の最も身近な例として
親の姿を見ることになります。
 
むしろそれまでに
子どもとの関係性が育っているかどうか?
の方が大事ではないかと思います。
 
成長が終わり
ある程度の年齢、つまり大人になった子どもは
親が苦しんでいる姿を見たいなどとは思わないし、
苦しみつつ、なぜそこを脱しないのだろうか?
とも思います。
 
子どものために――
というのは何を指して言うのか?
 
喧嘩ばかりしている親を見ている子どもは不幸です。
 
浮気している夫と鬼ごっこばかりしている母親がいました。
いつまでもやめようとはしません。
子どもの教育には熱心ですが、
夫を追いかけている間、
子どもはどんな気持ちだったのか? と思います。
心ここにあらずです。
 
自分の判断の言い訳にはしてほしくないと思います。
子どものために――と。
自分がやめられないだけなのですから。
 
いろいろなことが夫婦は取り巻いています。
 
いろいろなことを判断して、
何があなたのベストチョイスか。
 
親ができるのは自分の生きる姿を見せる
ことです。
究極。
そこで子どもに判断してもらうことです。
 
あなたのために――と
言われたところで子どもはそれほどうれしくないし
それで苦しんでいる
もしくはもがいている親なんて見たくもない。
 
見たいのは親がどう生きているかだし
生きている様を見てもらうことしか
結局はできないのだと思います。