夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【子どものために‥‥‥】
【見えなかったこと】
【夫婦だからこそ】
【終わったこと】
【未来が見えた】

最も人気の高い記事

【子どものために‥‥‥】
【見えなかったこと】
【夫婦だからこそ】
【終わったこと】
【未来が見えた】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【100%を目指さない】

会社や外ではわかりませんが、
家では妻が君主--
などという家庭は意外と多いし、
じつのところその方がうまくいくこともあります。
 
ですが躊躇なく行き過ぎてしまうと
家が安らぎの場ではなくなってしまいます。
 
家はあくまで安らぎの場。
家で安らげなかったとしたら
どこで安らげばいいのでしょう。
 
確かに子育てや仕事やいろいろ大変なことはあるけれど、
家に帰ってホッとできないのは
家のある意味がわからなくなってしまいます。
 
だからよく「夫婦でいる意味がわからない」とか
「家庭を続ける意味がない」などという
理由が語られます。
 
妻の側としては
なんとか頑張って家庭を回していくために――
子どもを育てていくために――と
いう気持ちや行動、言動なのだと思うのですが・・・。
 
夫の側としてみると
それが安らぎを奪っていると見えることがあって、
妻にしても「私だってほんとは安らぎたいわ」
という気持ちは重々わかるのですが、
その加減なのかな、たぶん。
と思うのですが。
 
意外とお父さんたちの話しを聞くと
我慢していることが多くて、
そうか・・・なんて思うんですよ。
 
大変なんですよね、なぜか。
子育て、仕事、いろいろあって
妻なんてどっかにいっちゃうという状態だったり
するんだろうなと思うんです。
妻は妻で。
 
あまりきっちりとやろうとしないのがいいんじゃないか
と思ったりします。
できないことがあってもいいし、
やり残したことがってもいい。
むしろそれより毎日快適かどうかってことが
最も重要なんじゃないでしょうかね。
 
ご機嫌よく過ごせていれば。
その方がいい。
 
まあたまに逆に妻が何もやらな過ぎて・・・
といった相談もありますが、
そこもまた、やはり加減の問題で、
並みはずれて片づけられないとか、
なってくると問題になるはなります。
 
自分も家事をやっていて、
けっこうできる夫はそんなふうに思うこともあります。
 
つくづく夫婦って難しいなと思います。