夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【ズレを回避する】
【ちょっとした距離】
【別居している親との交流】
【次の失敗】
【見過ごしていた問題】

最も人気の高い記事

【ズレを回避する】
【ちょっとした距離】
【別居している親との交流】
【次の失敗】
【見過ごしていた問題】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【終わったこと】

離婚が成立した相談者から、
ご報告が・・・・。
「本日、調委で離婚が成立しました」と。
 
夫の浮気で悩んだ末、
離婚という選択をした方です。
 
ずっと浮気を続けて
その人はとうとう生理的に我慢ができなくなっていました。
 
とても恵まれた環境だったと思います。
ですが、その方も主婦として家を守り、
子どもを育て、姑の介護もしつつ・・・・。
 
だけどあるときから夫は浮気・・・
 
だすが、その浮気も終わりました。
 
それまで何もその件については
触れないで悩んできましたが、
いよいよ生理的に我慢できなくなり、
浮気の話しをしました。
 
だって信頼は底をついているし、
この先、そんな人と夫婦なんて
やっていかれる自信もなかったから。
それを見極めたかった・・・のかも。
 
で、夫から返ってきたのは、
もう終わったことだから・・・・。
 
それが決定打。
終わればいいのか!って。
 
相手の気持ちがわからない。
自分にとってよければ、それでいいのか!?
 
で離婚の協議、調停へと
歩みを進めました。
 
いつもね、人と自分の思いというのは
違うものなんだと思いますよ。
 
妻だって夫だって他人だから。
同じなわけはないのです。
 
自分中心でいる人は
そんなミスを犯します。
 
誰かの「思い」に想像がつかない。
つまりは思い遣りがないということ。
 
思い遣りがない人とは、
いっしょにはやっていかれません。
それは明白です。
無理なのです。
そういう人はだれかといっしょに人生を歩くことは。
そもそも無理。
 
そのご相談者、よくしていただいていたご近所に
手土産もってあいさつに行こうかと
思っちゃいました、と。
 
離婚成立は決しておめでとう、
という場面ではないとは思うのですが、
的確な日本語が見つからなくて、
いつも悩みます。