夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【ズレを回避する】
【ちょっとした距離】
【別居している親との交流】
【次の失敗】
【見過ごしていた問題】

最も人気の高い記事

【ズレを回避する】
【ちょっとした距離】
【別居している親との交流】
【次の失敗】
【見過ごしていた問題】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【子どものために‥‥‥】

だいぶ夜になると冷えます。
でも暖冬みたいで、芯から冷える
という感じてはないですねぇ。
 
子どもというのは親の行動をよく見ているものです。
親が思う以上に。
ほんとに親の認識とは違うなぁと思います。
夫婦のことに接するようになって
私も知ることになりました。
 
親ってある意味では自分の思いとか
考えで子どもに与えているところがありますが、
じつは子どもが求めているのは
別のものだったりするものなのかな、と思います。
 
あるお子さんは、お母さんといっしょに家を出て
お父さんとは別居したのですが、
そのとたん、とてもいきいきとしたそうです。
 
ややモラハラ気味な上から父親で、
いつもダメ出しをされていたようです。
自分の好きだった趣味も家ではできなかったみたいで。
 
ひとりっ子なので、大切にされてはきたと思うのですが、
それとは別で、居心地が悪かった
ということなんでしょうねぇ。
 
お母さんととても狭い部屋で環境も変わって
どうだろう・・・・と、とても心配していましたが、
結果オーライ。
居心地はよかったようです。
 
いきいき勉強も部活も頑張る。
 
自分の部屋もあって、
環境的には整っていた元々の家よりも
今の家のほうがずっと安心して暮らせているようです。
そして、何よりも楽しいみたい。
 
親は家を子どものために買うし
環境を整えて--と思うものだと思いますが、
やっぱり中身なんでしょうね。
 
居心地の問題。
 
居心地の悪い家は器はあっても意味がない。
中身が空っぽ。
 
親の視点とは違うんだと思います。
子どもというのは。
 
たとえ自分の部屋がなかったとしても
気を許せて好きなように
ありのままの自分でいられるってことが
最も大事なことなんだと思います。
成長中の子どもにとっては。
器なんてどうでもいい。
 
だからよくね、あります。
家を買って夫婦問題が起きるって。
そのために夫婦が必死になってしまうことで、
家という器はあるけれど、
中身が空っぽというか、
殺伐としたものになっていく。
 
結局殺伐としたところで暮らすって
無理なんですよね、人は。
家庭が殺伐としていたら、
どこで休めばいいのだって・・・。
 
で器にこだわっていると
とくにそこに子どものがいた場合は
病んでいってしまいます。
子育てってそういうことではないんだろうな、と
つくづく思います。
 
あるお子さんはお父さんが出て行ってから、
動かないお母さんを見続けて精神的にも
病んでしまいました。
 
守るって何を?
どうやって?
って思います。