夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【もつれた糸をほどく方法】
【今が幸せ】
【嘘のない生活】
【グレーなゾーン】
【ストレスレベル】

最も人気の高い記事

【もつれた糸をほどく方法】
【今が幸せ】
【嘘のない生活】
【グレーなゾーン】
【ストレスレベル】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【子どものために何ができるか】

子どものために何ができるか?
誰しも子どもがいれば考えます。
夫婦問題が起きていればなおさら。
 
究極何ができるか?
 
私は人生は悪くないという姿を
実際に見せることだと思います。
 
お金ではないし、
教育でもないし、
体験でもないし、
何ができるか。
本質的に。
 
親が苦し見続ける姿を見せる。
見せてしまう。
図らずも。
 
そんな姿を見ると
子どもは大人になるのが嫌になってしまうかもしれないし、
だれかを憎く思ってしまうかもしれません。
 
苦しいことはあるし、
理不尽なことも起きるけれど、
だけど悪くない。
問題は乗り越えていかれる。
 
そんな生きている姿を見せることぐらいしか
親はできないんじゃないか、とすら思います。
突き詰めると。
 
楽しいことやいいことばかりではないけれど、
だけど、生きるのは悪くない。
だって楽しいことばかり
いいことばかりなんて、あるはずがないし・・・。
 
ずっと夫婦問題で悲しんでいる親を見ていた子は
精神的に病んでしまいました。
 
一方でどうしても妻とはうまくいかない夫。
子どもと充実した楽しむことに専念しました。
決して妻を傷つけるのとは違って、
子どもとの時間を大切に使うことにして、
愛着関係を築いていきました。
子どもさんはすくすくと育っています。
かなり歪んだ夫婦関係ではあるのに。
 
苦しいけれど、その中で何ができるのか
子どものために・・・・。
自分の痛みとか、苦しみではなくて。
それが、突き詰めると
結局自分を救ってくれるような気もします。
 
苦しむ親など誰が見たいでしょうか。
苦しいけれど前を向こうとしている姿は
生きる勇気を与えてくれます。
苦しむこともあるけれど、大丈夫なのだ、
というのを親は究極
子どもに見せることしか
できないのかも、と思います。