夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【立ち直る方法】
【夫婦はもろい】
【ぶつかってみてわかる】
【妻がライバルなの? 】
【妻の浮気、夫の浮気】

最も人気の高い記事

【立ち直る方法】
【夫婦はもろい】
【ぶつかってみてわかる】
【妻がライバルなの? 】
【妻の浮気、夫の浮気】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【ちょっとした距離】


誰かに惹かれ恋愛して結婚して
家庭を作り、ある人たちは子どもも作り。
延々と人間が営んできたことです。
 
そして、その後も続きます。
4年目で離婚、がどこの国でもおおむね高いのです。
子どもがひとりかふたり。
 
人間の動物的な面もあって、
子どもが自分でご飯を食べ、
自分で歩き、言葉も通じてきます。
 
そうすると種としては
別の人との種を残した方が
多様な遺伝子を残せるというわけです。
 
生物的にはそちらの方が
きっと正しいというのか、
本来の姿に近いのでしょう。
 
ですが、法律で結婚が決められている以上
生物的にだけでは世の中が成り立ちません。
 
子孫を残すことが生物としての目的だとしたら、
その後はどうするのか?
50年もいっしょにひとりの人と仲良く穏やかな日々を
送るためにはどうしたらいいのか?
ものすごい難題な気がします。
 
人は別の意味で
何か壁のようなものにぶつかっているのかも、
とすら思います。
 
どうやったら仲良く過ごせるか? という。
しかもとても長い時間を。
 
夫婦以外の友達関係などは
長い長い付き合いが続けられます。
なんでか? というと、
相手を理解しようとして、
相手を思いやるからじゃないでしょうか。
 
「子育てで忙しそうだ」とか
「仕事が大変そう」とか。
ちょっとしたことでも相手を思いやる。
なぜなら友達だから。
 
なんだか夫婦って
利害がぶつかってしまったり、
自分が前へと出てしまったりすることがあって、
それでなんだかズレちゃったりします。
 
または、あまりにも無関心で
何も気づかないとか。
 
長く仲良く--。
それが夫婦に求められるのだとしたら、
友達を思うように
夫や妻に対して
ちょっとだけ思ってみるといいかも、と思います。
つまり少し距離を持ってみる
というのは意外と夫婦に必要な気がしています。