夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【もつれた糸をほどく方法】
【今が幸せ】
【嘘のない生活】
【グレーなゾーン】
【ストレスレベル】

最も人気の高い記事

【もつれた糸をほどく方法】
【今が幸せ】
【嘘のない生活】
【グレーなゾーン】
【ストレスレベル】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【私が我慢すれば地獄】

暖冬というわりには寒いです。
風邪も流行っているようですので、
気をつけないと、ですね。
 
さて、けっこう自分で自分を縛ってしまっていて
息苦しいことはないでしょうか。
生き苦しいかもしれないし。
 
こうであるべき、とか、
こうしなければ、と
自分で自分に呪縛をかけてしまい、
檻の中に自分を閉じ込めている。
 
とくに母親とか父親といった役割があると
なおさらな感じです。
 
「私が我慢すれば・・・」と思って
我慢に我慢を続けている。
檻のカギは開いているのに気が付かない。
 
私が我慢すれば地獄です。
 
けっこう自分がそう思っているだけで
周りはそれほどでもなかったりします。
 
よく子供さんに聞いてみてもらうのですが、
子供は全然望んでいなかったりします。
親の我慢を。
 
だけど自分の頭の中にある親像みたいなものが、
自分を縛りつけます。
 
夫婦がかなり崩壊しているときなども
両親はいた方がいいという
家庭像に縛り付けられ、
むしろ冷え冷えとした空気の中で
子供はうんざりしていたり、
負の遺産を与えていたりするのですが、
「像」とか実態のないあるべき姿にとらわれて
形を保持しようとします。
 
ひどい父親でもいた方がいい、とかね。
ひどい父親はいない方がいいし、
母親も同じです。
いればいいって問題ではなく、
いることによる弊害もあるのです。
 
つらい夫婦関係を保とうとする
私が我慢すれば地獄。
脱してみるとけっこう爽快なものです。
な~んだっていうくらい。
 
カギは開いているのですよ。
いつでも。
入っているのは自分です。
我慢強いので日本人って。
美徳の面もありますが、我慢しすぎて
必要以上に堪えていることもあります。
あんまり我慢していると
自分が崩壊しちゃいますから。
ほどほどに、と思います。