夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【もつれた糸をほどく方法】
【今が幸せ】
【嘘のない生活】
【グレーなゾーン】
【ストレスレベル】

最も人気の高い記事

【もつれた糸をほどく方法】
【今が幸せ】
【嘘のない生活】
【グレーなゾーン】
【ストレスレベル】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【発達障害】

夫婦問題の背景には
いろいろな経緯や性格や
今までのことが積み重なって起きています。
 
問題が起きてしかるべき、
ということもありますし、
突発的にというか
時間の経過とともに何かの出来事を
きっかけに問題が起きていることもあります。
 
ただ、発達障害や精神的な疾患などが
ある場合は、なかなかわかりずらく、
改善の努力をしても効果は得られません。
 
というのは、夫婦の関係以外のところに
原因があるわけで、それがもとで
人間関係につまづきを起こしているからです。
 
ですので、関係性を改善しようと努力しても
なかなかうまくはいきません。
 
よく知られているのはカサンドラ症候群。
アスペルガー症候群のパートナーを持つ配偶者が、
いろいろと努力をしても
コミュニケーションがスムーズにいかずに
自分自身がさまざまな不調や症状に
悩まされます。
 
こうした場合、まずはパートナーが
アスペルガーであることがはっきりとしないと
どう改善していったらいいのかが、
わかりません。
 
またある方のパートナーは強迫神経症でしたが、
それがわかるまで、どうしても夫婦がうまくはいかない。
理解しがたい行動に
振り回され続けてきました。
 
やってもやっても
さまざまなことを受け入れてもうまくはいかない。
理解できない理由で、
理解できない要求を突き付けられてきました。
 
でも、あることをきっかけに
強迫神経症であることがわかり、
どこか腑に落ちました。
 
そこからは改善という以前に
どのように対応していけばいいのか、
がわかったので、少し楽になりました。
 
性格とか今までの経緯とかとは
まったく別のところに
夫婦問題の原因があることがあります。