夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【緩やかな譲歩】
【何もわかっていない】
【先が見えるか見えないか】
【もとに戻る】
【夫婦は続けないとだめ?】

最も人気の高い記事

【緩やかな譲歩】
【何もわかっていない】
【先が見えるか見えないか】
【もとに戻る】
【夫婦は続けないとだめ?】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【なぜ離婚かわからない】

乾燥がひどいですね。
湿度が40%以上だと
インフルエンザウイルスが死滅するそうで、
せっせと湿度を上げています。
ですが、加湿器フル稼働でも40%にならず、
霧吹きでシュッとやったりしています。
 
離婚調停の場で
妻から離婚を申し立てられた夫。
妻が離婚なんて言うはずがない・・・と
どこまでいっても信じられない。
 
「弁護士に勧められたに違いない」と
思ったりするようです。
 
なぜなら、それまでの妻とは別人のような行動に
まったくついていけなくて、
なぜ離婚か? もわからなくて。
 
「妻が離婚なんて言うはずがない」と思うようです。
 
さんざん浮気しておいて、
さんざん暴言はいておいて、
それでもそんなふうに思うみたいですよ。
ある意味、お幸せな思考です。
 
妻が離婚の決意するまでを知っている身としては
痛みを味わい、それでも出した答えで、
当然の結末という感じなのですが、
夫だけが理解不能。
 
なんで離婚? と。
弁護士さんにやたらつっかかってくる人もいます。
 
すべては弁護士があおっているのではない、と。
それを聞いた妻はけっこうのけ反ります。
そんなはずあるわけないと--。
離婚したいのは私です、と--。
 
だけど長年にわたり自由に妻を動かしてきた、
または自分の意図するように
妻を仕向けてきた夫に限って、
現実は受け入れがたいようです。
 
まざまざと妻と夫の思い違いを見るようです。
 
離婚したいという言葉が信じられないのですから。
誰かの入れ知恵か、くらいにしか思えない。
相手の言葉をいかに真摯に聞いていないか。
よくわかります。
だから事態の深刻さに対しての認識もできないです。
 
己の行動を省みるということはないのか・・・と。
まあ、だから離婚なのでしょうけれどね。
その点は納得です。
 
離婚って誰かの後押しでというより
やっぱり本人の意思が一番です。
本人が離婚と決める。
なぜなら、その方が未來があることがわかったから。