夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【産後クライシス】
【これからです】
【モラハラの正体】
【共感が低い】
【ダメ出しか前向きか】

最も人気の高い記事

【産後クライシス】
【これからです】
【モラハラの正体】
【共感が低い】
【ダメ出しか前向きか】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【とっとと逃げよう】

室内にいると暖かいのですが、
外に出る「さむっ!?」って。
春のような遠いような。
でもね、季節は確実にめぐるものなので
必ず春はやってくるのでしょう。
 
高学歴で社会的にもステータスのある人。
ときにとんでも~! な過ちを犯します。
まさか!?
うそでしょ!?
というような。
 
何かの特権意識があるのだと思います。
そこには。
自分は許される、と。
 
わかりやすい例でいうと
国会議員とかね。
官僚とかね。
おいおいって。
 
そういう人の陥りがちな点って
現状を見ていないというところにあります。
 
現実を見ていない。
 
妻から離婚と言われて
それがわかっていなかったり、
夫から離婚調停を申し立てられても
意味がわかっていないんじゃない?と、
思うことしばし・・・・。
 
なんでそんなにあんたが偉いのさ、と言いたくなります。
 
じつはバカなの? とも。
 
まあ正確には状況が判断できないのだと思われます。
 
それと多くのケースでそういう場合、
自分は悪くないと主張します。
あれあれ。
やらかしていたとしても、
自分は悪くない。
悪いはずがないのでしょうね。
 
自分は特別だから。
どこが? と突っ込みたくもなるのですが、
本人はいたってまじめに本当にそう思っています。
 
どこが特別なのさ、と言いたくなりますよね。
 
自分だけが自分は許されると思っていて、
赦しているってだけのことで、
その他は家族ですら、
そんなことは許していませんけれどね。
 
大勘違い野郎ってことです。
いくつになってもいるんです。
そんな人。
大勘違い。
自分の学歴とか
社会的なステータスにしがみついて、
勘違いしている人ひって。
 
そんな人が夫だったり妻だったりしたら
けっこうに大変です。
 
実際にそんなモンスター妻と離婚調停をした夫。
ああ、本当に離婚してよかったと、おっしゃっていました。
彼女の異常さが調停を通してよくよく
わかったそうです。
そんな人が配偶者だったら
とっと逃げるというのも人生を
より楽しくするためには必要な判断です。