夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【言葉が荒む】
【誠意ある修復】
【子供は巻き込まない】
【眠れない】
【無意味な夫婦喧嘩】

最も人気の高い記事

【言葉が荒む】
【誠意ある修復】
【子供は巻き込まない】
【眠れない】
【無意味な夫婦喧嘩】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【浮気の後】

浮気した夫が「もう終わったことなのに」と
妻が浮気の話をすると
浮気を止めた後に言います。
 
が、妻にしてみると
終わったことではなくて、
まだまだ気づいてからの時間が経っていないし
傷ついたままなのです。
 
早く終わりにしたい。
浮気だし。
 
だけど一方の妻にしてみたら、
そんなに簡単なことではないことが多いです。
 
そんなズレが生じます。
 
だけど早く終わりにしたいがために、
さらに「もう終わったことなのに」と言われ、
傷ついた、という妻。
 
むしろそのことが引き金で
もうやってはいけない、と思います。
 
誰が主体かということです。
 
やった側にしてみると
終わりにしたのだからいいでしょう。
だけどやられた側にしてみると
今までの結婚生活全般が「?」になってきます。
 
早く終わりにしたい側と
今、気づき、過去を振り返っている側。
 
だけど、もしも夫婦を継続したいと思うのだとしたら、
自分ではなくて、
いっしょにいる相手へ
ちょっと思いを寄せてみては、と思います。
 
そういう「思い」がないと
夫婦は難しいと思うから。
ふたりの関係なので。
自分のことだけならひとりでいるのがいいです。
だけどふたりでいるのだとしたら
相手がどう思っているか?
というのは、どこかで必要なのではないかな、
と思います。