夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【緩やかな譲歩】
【何もわかっていない】
【先が見えるか見えないか】
【もとに戻る】
【夫婦は続けないとだめ?】

最も人気の高い記事

【緩やかな譲歩】
【何もわかっていない】
【先が見えるか見えないか】
【もとに戻る】
【夫婦は続けないとだめ?】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【いなくてもいい親】

何かを考えたり思ったりするとき、
必ず人は自分というフィルターを
通してみているのだそうです。
 
だからどうしても自分の思考とか思いに寄っている。
ということなのだとか。
 
確かに。
そう思えたりします。
 
夫婦ってこれが正しいとかってないのです。
 
ふたりがよければそれでよし。
なのですが、怖いのが、それが大きく
誰かの犠牲のもとになっていたり
自分自身が苦しかったりする場合。
 
そんなことはないはずです。
もっと居心地のよい関係なはずです。
だけど一度夫婦になってしまうと
それを維持しようという意識が働くし、
子供のためとか
いろんな理由で「維持した方がよい」と思える。
そういうものなのだろうと思います。
 
あるDV夫と結婚した妻。
とても苦労しています。
ひどい思いもしています。
 
夫は事あることにキレたり
激しい夫婦喧嘩を展開したり、
家の中は戦々恐々です。
だけど幼い子供たちのために
妻は頑張って稼業を手伝い、子育てをしています。
 
ときどき妻のお母さんが手伝いに行きます。
あまりにも娘がかわいそうで。
だけど夫は相変わらず。
 
「子供のために」という魔法のような言葉で
頑張ってしまいます。
 
「子供のために」は
別の意味で使うこともできます。
 
「子供のために」離れた方がいい親もいるので、
だらだらと浮気を重ねているとか、
借金をするとか、
喧嘩が絶えないとか、
薬物に手を染めるとか、
人をだまし続けているとか、
そんな人もいます。
 
いたら害しかない。
だけど親はいた方がいいのではないか、という
自分のフィルターを通してみていると
いつまでも気づけません。
 
あるモラハラ夫の妻。
離婚協議中ですが、
夫婦喧嘩をすることで子供の脳が
委縮してしまうことに気づいたそうです。
ほんとうにひどいことをしていた、と反省します。
 
だけど救われるのはずっと委縮が続くわけではないこと。
喧嘩がなくなれば、
もしくは見ない環境になれば
子供というのは再び成長を始めてくれます。
そこが子供の素晴らしいところ。
成長中ということです。
 
いればいい親なんていなくて、
いなくてもいい親もいて、
見極めていくのも親の役目かな、なんて思います。
気づいてね。