夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【緩やかな譲歩】
【何もわかっていない】
【先が見えるか見えないか】
【もとに戻る】
【夫婦は続けないとだめ?】

最も人気の高い記事

【緩やかな譲歩】
【何もわかっていない】
【先が見えるか見えないか】
【もとに戻る】
【夫婦は続けないとだめ?】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【えっ!?って思うこと】

桜が咲きそうですね~。
ようやく春! 近し!
なんだかホッとします。
ビオラも次々に咲いています。
とともに浮足立った感じも少々。
日差しのせいでしょうか。
 
浮気が発覚した後、というのは
けっこう分岐点かもしれないです。
夫婦の。
 
やった側というのは
早くこの問題終わりにしたいと焦り、
封印したがります。
 
だけど初めて知った側にしてみると
ここから苦しい思いが始まります。
 
その温度差。
 
それがその後、ますます問題を大きくして 
離婚問題へと発展させていくか、
はたまた修復できるかの
分岐点になっていくことがあります。
 
相手へのイマジネーションがないと
何事もいい方向へとはいかないようです。
 
ある妻、浮気した夫を見つめていました。
ですが、夫のいいところをピックアップして
修復していきました。
今は前より仲の良い夫婦になり、
いろいろ日々はあるものの
仲良く過ごしています。
 
夫も反省と愛情を示してくれるようになり、
妻も納得を得ているようです。
 
自分を守るのか?
相手へのイマジネーションを働かせるか?
の違いなのかなぁと思います。
 
それがないと修復は難しいです。
 
相手がどう考えているか?
 
自分の思いだけで進む人は
修復できないことが多いように感じます。
むしろ修復は放棄している。
 
結婚って相手があることなので、
相手とともに進むという意識がないと
無理がきます。
 
自分では正しいと思っていることが
ほんとうにそうなのかどうか?
自問が必要なのかもな、と思うんです。
そうすることによって、
なにか見つけられることがあるかも、と思います。
 
迷いつつ、ということでいいのだと思います。
だって結婚なんて誰とも初めてだったり、
たとえ二度目三度目だとしても
相手は違うわけなので、
いつも「えっ!?」って思うようなことは
あるはずなんです。
その「えっ!?」に何かがあるかも、
などと思います。