夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【共感が低い】
【ダメ出しか前向きか】
【愛情があるかないか】
【片づけ問題】
【自己愛】

最も人気の高い記事

【共感が低い】
【ダメ出しか前向きか】
【愛情があるかないか】
【片づけ問題】
【自己愛】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【欺かれると】

浮気は一度でも許せないという人もいれば、
反省していればという人も
いろいろなのですが、
いずれにしても信頼に大きく傷がついているので、
なかなか信頼を取り戻していくのが大変です。
 
バッサリと信頼が傷ついている感じ
それがもう取り返しがつかないほど
大きな傷となる人もいるし、
なんとか、傷を治していかれるような人もいて。
 
大きな痛手ではあります。
夫婦にとっては。
やっている側はそうでもないのですが、
やっぱりに人間関係に
大きなヒビが入っています。
 
浮気した側はこんな程度では夫婦は壊れないと思っている。
だけど浮気を知った側はそうはいかなくて
確実にヒビが入っているという
大きな認識の違いがあります。
 
それがわからないと
修復しようにもできなくて。
 
よく「もう終わったことだから」と
浮気を終わりにした側は言うのですが、
そういう問題でもない。
 
終わればいいかというと
そんなこともなくて、
要するに欺かれていたと知った側は
傷もつもついているし、
先は真っ暗。
 
そこで終わったことだからと済ませようとしても
そうはいかないんですね。
 
本当にやり直しができる人は
そのことがわかった人。
 
相手は相当に傷ついている
というのがわかった人。
 
やっぱり相手がどうか? というのは
夫婦で最も大事なことなんじゃないかと思います。
 
浮気に限らず、なんですけれど。
相手がどう思っているか?
それを知らないことには――と思います。
 
ついつい自分のこととか思いが先に来ますけれどね。
そこをちょっと相手は? と思ってみると
コミュニケーションも何もかも
少しだけ視点が変わってくるのではないかと思います。
 
全部相手に合わせるっていうのはいきすぎだけど、
ちょっと考えてみる。
という余地がないと。
 
そうしないと仲良くはやっていかれないのですよ。
いっしょに生活をともにして、
日々を過ごしていくには。
 
どうしてか、そんな視点がなくなっていくのが
結婚生活というのも皮肉なもので、
恋愛しているときは全くの逆。
不思議ですね。
どうしてなのだろうと思います。
 
欺かれた側への思いがあれば
修復は可能です。
だけど自分を守ることばかりだと
修復は難しいです。