夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【言葉が荒む】
【誠意ある修復】
【子供は巻き込まない】
【眠れない】
【無意味な夫婦喧嘩】

最も人気の高い記事

【言葉が荒む】
【誠意ある修復】
【子供は巻き込まない】
【眠れない】
【無意味な夫婦喧嘩】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【育った家庭の影響】

新しい元号の令和、どう感じましたか。
まだ聞きなれていないので、
不思議な感じもしますね。
しばらくそんな感じなのかな、と思うのですが。
 
生まれて育った家庭というのは
結婚するまでは自分のある部分のよりどころで、
よくも悪くも。
 
その影響は夫婦になってからもしばらくの間は続きます。
 
おかしいな、と感じることもあるでしょう。
だけど「それはおかしい」と言ってしまうのは
ちょっと待て。
相手は相手で別の家庭 で育ってきているので、
別の自分のよりどころを持っているものだから。
否定してしまわないで、と思います。
 
自分が生まれ育った家庭と
今、いっしょに作り上げている家庭は
別のものであるということをしっかり
認識してみるといいのではないかと思います。
 
そこにいる人も違います。
その相手の持っている育った環境も違うのです。
そのことをよく認識しておくといいです。
 
逆に育った家庭が反面教師としているような場合も
また、強く反発する何かにとらわれてしまいがちです。
「こうなるまい」と思うあまり
別の家庭像を作り上げてしまっていることがあります。
 
目の前にいる人と作っていくものなので、
家庭とか夫婦って。
 
こうあるべき、とかっていうことは
極端に言うとないに等しいものです。
 
ないに等しいところから作っていくのがよいのですが、
なかなか難しいです。
育った家庭てというのは
自分の中に深くよくも悪くも
根ざしてしまっているものなので。
そこから外れていくのがむしろ夫婦とか
自分の家庭ということなのかも
しれないです。