夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【男の嫉妬心】
【円満夫婦の意外な特徴】
【熟年夫婦のある姿】
【自分軸】
【子供と夫婦問題】

最も人気の高い記事

【男の嫉妬心】
【円満夫婦の意外な特徴】
【熟年夫婦のある姿】
【自分軸】
【子供と夫婦問題】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【一歩踏み出すと】

夫婦問題っていろいろなところに
原因がありますが、
ふたりの関係の中から生じてくるものと、
まったく別のパーソナリティの問題から
生じてくるものとあります。
 
曖昧で境界線はくっきりと
しているわけではないのですけれど。
だから悩んでしまいます。
 
関係性からくるものでは
夫婦喧嘩がわかりやすいかもしれないです。
 
夫婦喧嘩をすることによって
やり方によっては関係がどんどん悪化していく。
 
ああ言えばこう言うになりがちで、
思ってもいないことを言ってしまったり、
言われた方はそれで傷ついたり。
それを繰り返すことによって関係性は壊れていきます。
修復不可能なくらい。
取り返しがつかないですね。
 
一度壊れてしまったものは、
取り返すのはほとんど難しいし、
もしも、可能性があるとしたら相当な努力と
お互いの協力ができて、なのかな。
覆水盆に返らずとは言いますが、
ほんとに短い言葉でよく表していると思います。
 
そうした関係ではなくて、
その人個人のパーソナリティからくる夫婦問題というのは
いろんな発達障害とか、
精神的な疾患とか依存症とか
そうした個人の問題から、
夫婦に問題が起きます。
 
強迫神経症で手を何度も何度も洗わないと
いられない妻。
妻は夫を常に責めていました。
そして一日中かかって洗濯をしている。
その他の家事はほとんどできない。
夫は穏やかな人で見守っていましたが、
ある日、妻に出ていけと言われました。
 
何度も仕事を首になってしまう夫。
家の中では喧嘩が絶えないし、
ときには車をものすごい勢いで飛ばしたり、
あるとき、妻は夫が試用期間中に首になったので
会社に原因を聞きに行きました。
産業医に発達障害のことを告げられました。
 
どちらもご夫婦でいらしていたので、
いずれも当事者である本人は、
自ら受診したりはしないし
おかしいのは相手と主張します。
 
パーソナリティが問題の場合は、
解決していくのは
関係性が壊れたのと同じくらいに
本人が自覚をして、
この息苦しさから脱していこうとか、
誰かのために
子供のために
パートナーのために
ということに
気づかないと、なかなか難しいです。
 
だけど、相手のことを思う人は
自分の息苦しさはあるものの
積極的にその一歩を踏み出していきます。
 
一歩を踏み出すと
必ず次があります。
踏み出さないと同じ事の繰り返し、
おそらく一番苦しいのは自分。
苦しいときほど踏み出してみてほしいな、と思います。
 
何か違う局面がやってくるから。
違う局面は、また次の展開をもたらしてくれるから。
だってそこにとどまっていても苦しいのですから。