夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【緩やかな譲歩】
【何もわかっていない】
【先が見えるか見えないか】
【もとに戻る】
【夫婦は続けないとだめ?】

最も人気の高い記事

【緩やかな譲歩】
【何もわかっていない】
【先が見えるか見えないか】
【もとに戻る】
【夫婦は続けないとだめ?】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【発達障害と夫婦問題】

ちょっとね、運動するときに
ウエイトをつけてやってみました。
負荷をかけてみる。
意外とイケました。
 
必要以上の負荷は必要ないければ、
ほどほどの負荷はときどき必要かもね、と思います。
 
発達障害かな・・・という相手と暮らす。
いろいろぶつかり合うことも多いです。
わかっていればいいのですが、
わからないと「なんで?」の連続。
 
わからないのですから。
 
で、結果、夫婦喧嘩。
どんどん夫婦に溝は深まっていく。
結果、人間関係は壊れてしまいます。
 
その判断って難しいです。
お医者様でも。
だけど、わかるものはわかれば、
対処のしようがあるのです。
今の時代。
 
今は小さいときに発達障害かな?
と思われれば早めに受診するし幼児教育や学校でも
対応を用意してくれています。
 
ですが、今の大人といわれる世代では
そんなことはなかったので、
おそらくご本人が一番苦しい思いをしてきたのでは
ないかな、と思います。
 
発達障害に関しては、
早めに気づきどんな対応をしていくか、
ということがわかれば、
夫婦は壊れないですみます。
 
パーソナリティに関しては、
場合によっては離れるしかない、ということもあって、
というのはやはりついていけない部分があるんですね。
どうしても。
 
平気で嘘をつくとか。
誰かを利用しようとするとか、
身近な夫婦が一番の被害者になります。
そういう人は誰に対しても冷酷ですから。
 
だから離れるしかないし、
夫婦は離れることができる関係なので、
自分を守るという意味でも
離れるのがベストなときがあります。
 
そんな人いるわけない、と思うと思いますが、
実際にはいます。
自分のことしか考えられない人。
そういう人がうまく生きていかれるかというと、
それはやっぱり無理なので、
時間とともに社会からはフェイドアウトしていことになります。
 
それ以前に夫婦はもっと被害を被るわけです。
だから、傷だらけになる前に
自分をも待ってほしい、と思います。
 
なおるとかおならないという問題以前のことです。
だめなことってあるんです。