夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【言葉が荒む】
【誠意ある修復】
【子供は巻き込まない】
【眠れない】
【無意味な夫婦喧嘩】

最も人気の高い記事

【言葉が荒む】
【誠意ある修復】
【子供は巻き込まない】
【眠れない】
【無意味な夫婦喧嘩】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【家事ができる? できない? 】

連休疲れしていませんか?
テレビのニュースを見ていたら、
主婦は連休で食事の支度をしなければならないし、
10連休、けっこう憂鬱と。
確かにね。
子供たちはお休みだし、
お昼のごはんのことも考えなければならないし。
楽しいような楽しくないような。
 
子育て世代と熟年世代はとくに、なのですが、
男性の家事のスキルというのは、
必要不可欠なんじゃないかって思っています。
 
子育て世代は
共働きの方が多いですし、
今後ますますそうなるのは目に見えています。
 
夫婦ふたりで子育てをして、
ともに働いてとなったとき、
男だからとか女だからと言っていられません。
イクメンという言葉すらもう過去。
 
できることはやる。
できなくてもできるようにならないと、
今までしていなくてもしないと。
子育てして働き続けていくのは大変な
負担になってきます。
 
そういう意味では、
妻がやってくれるは幻想の世代です。
 
まあ実際に保育園の送りは
お父さんが圧倒的に増えていますし。
 
先日外食をしたのですが、
そこで見かけたお父さんは、
3人のお子さんのパパでしたが、
末っ子ちゃんはまだ4か月くらい。
他に幼児がふたり。
背中に4か月ほどの赤ちゃんをおんぶしつつ、
食事をしていました。
上のふたりの子どもたちの世話も
とてもまめまめしく焼きつつ、
それでも妻とおじいちゃんと
食事を楽しんでいました。
 
なんだか頼もしいお父さんだな、と思いましたよ。
 
熟年世代でいうと
定年した夫は家事がどのくらいできるか否か、が
とても大きなポイント。
 
いちいち俺のお昼まで作らなければならなくなると
ご本人はリタイアしたとしても
妻は家事からリタイアできないわけで、
むしろ仕事が増えることになります。
ちょっと変でしょ、それって。
 
無理でしょ!? ってことです。
 
それに妻に何かあったときに何もできない! は
自分の命の問題になります。
だから家事ができるかできないかは、
本人にとって、とても大事なことになります。
 
ある高齢の夫、妻が骨折で長期入院になりました。
泣いて妻を家に返してほしいと・・・・。
帰れるわけがありません。
家事は一切できない夫。
とうとう体調を崩して、
自分も入院することになりました。
 
妻がやってくれる――は幻想。
そうであったらいいな、はわかります。
だけど、現実にそうなるかどうか、なんて
まったく予測不能。
自分のことは自分でできることが
いくら夫婦でいたとしても
最低限必要なのだと思います。