夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【言葉が荒む】
【誠意ある修復】
【子供は巻き込まない】
【眠れない】
【無意味な夫婦喧嘩】

最も人気の高い記事

【言葉が荒む】
【誠意ある修復】
【子供は巻き込まない】
【眠れない】
【無意味な夫婦喧嘩】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【求める方向性】

結婚するときって、
ある意味、見切り発車的なところがあって
少々のことは、なんとかなるのではないか、と。
 
気にはなっているけれど、
どうにかなる。
 
だけど、やっぱりその「気になっているところ」は
結婚後はむしろ、
大きな問題の種なのなかなぁと思います。
 
だから結婚前に早く解消しておくか、
もう一度精査してみる。
そして、なんとか相手に理解をしてもらうってことが
大事かも。
 
結婚って価値観の違う人同士が
いっしょに暮らすことになるので、
それは好きとか嫌いとは別次元の話です。
 
価値観はそもそも違うもの、と
思っていたほうがいいです。
価値観が同じ-!なんて思って結婚すると
後々行き詰ってしまうかも。
 
暮らしの話なので、
暮らしをうまくやっていくためには
いろんな違いがあるのが当然で、
その違いをどうやってすり合わせて
近づけていくかっていうのが
結婚生活みたいなところがあるはずです。
 
譲歩ばかりしていてもダメというか、
納得はいかないし、
譲歩はひとときはどうにかなっても
どこかで行き詰るものではないかと思います。
 
だからふたりの持っているものを
どう融合していくかってことが
大事な気がします。
 
自分にとってはなんともないことが
相手にとっては大切なこともあるし、
それをどこまで尊重して、
どこで尊重はできないかという
いつもボーダーラインを求められるのかもしれないです。
 
だって好きなことをしていたいのなら
ひとりが一番いいはずです。
 
誰かと暮らすっていうのは
そういうことではないでしょうか。
 
どこまで譲歩ができて、
どこかで合意を見ることができるか。
それが見つけられなければ
夫婦はうまくは行きません。
 
それは双方にとって。
 
だけど、その双方にとってがときどきズレていて、
あまり話していないし、
自分で勝手に「この方向」などと
思って突き進んでいます。
 
でも「この方向」は
相手は全く求めていなことのときもあります。
 
難しいものですね。
夫婦って・・・・。