夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【緩やかな譲歩】
【何もわかっていない】
【先が見えるか見えないか】
【もとに戻る】
【夫婦は続けないとだめ?】

最も人気の高い記事

【緩やかな譲歩】
【何もわかっていない】
【先が見えるか見えないか】
【もとに戻る】
【夫婦は続けないとだめ?】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【個人として、夫婦として】

なんだかちょっと寒いです。
変なお天気。
ほんとに。
 
精神的な疾患があるとか、
発達障害があると
夫婦はなかなかうまくはいかなくて・・・。
 
気がつく前に崩壊してしまうことが多いです。
 
なんでだろう・・・
なんでうまくはいかないのだろう・・・と。
 
悩むのですが、それはそうです。
 
わかっていたら崩壊しなくても済むのですけれど。
 
わからないままに過ぎて、
いつしか夫婦はもう無理な状態にまで至ります。
 
また、逆に夫婦が病みすぎていて
疾患になってしまうこともあります。
夫源病とか、主人在宅ストレス症候群とか・・・。
帰宅拒否症とかね・・・・。
 
夫婦って個人だけど共に暮らしているので、
いろんな意味で影響をし合い、
影響を受け合うな関係です。
 
とくにそのことを自覚することもないし、
知らない間になんとなく巻き込まれて、
いつしかたどり着いたのは
とんでもなく異質な世界だったりすることもあります。
 
個人としてと
誰かと共に暮らすということは
とても難しいです。
 
それを並行してやっていくのが夫婦なので。
 
自分の思いだけで生きていくのであれば
ひとりでいるのがいいです。
誰にも何も言われず
自己責任で生きていかれます。
 
だけど、誰かと暮らすってそうはいかなくて、
自分の思いをさておいて、
相手のことを考えることが必要なときがあります。
 
はたまた、いくらともに暮らしていたとしても
個人手としてそれでいいのか、ということもあります。
 
ほんとにこのふたつは難しくて、
夫婦の永遠のテーマ。
夫婦をやっていくうえで
与えられた課題なのではないかと思います。