夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【言葉が荒む】
【誠意ある修復】
【子供は巻き込まない】
【眠れない】
【無意味な夫婦喧嘩】

最も人気の高い記事

【言葉が荒む】
【誠意ある修復】
【子供は巻き込まない】
【眠れない】
【無意味な夫婦喧嘩】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【夫婦の限界】

夫婦の限界に到達することって
あるのだと思います。
 
いろいろ不満があったり、
気になるところはあるけれど、
なんとかうまくやっていこうというのが夫婦で、
だけどあるとき、その限界を超えてしまう。
 
それが離婚ということなのですが、
限界がどこにあるのかわからないので、
それと「ここまでは大丈夫」と
思っていても
相手にとってはそうではない。
 
ということが一番の問題の根源なんだと思います。
 
自分にとってはなんでもないことは
相手にとっては苦痛であることは
ありますからね。
それがわからない・・・というか
サインは出していると思うのですが、
それを無視してしまう。
 
家庭を回していくことでいっぱいだったり
甘えからきていたり、
理由はいろいろですけれど。
 
不貞などは不貞しても夫婦は大丈夫と
思っているとまでは言いませんが、
壊れるとは思っていない・・・のかも。
 
ほんとに夫婦って
わかったと思っていても
わからないことだらけです。
 
たぶん何十年いっしょにいてもそうなんじゃないかな。
 
途中で変わっても行くし。
 
意外と理解していないんですね。
隣にいる相手のことを。
理解しようとは思っていないし。
わかったつもりで。
 
いい意味で忖度して、
それが的外れだったりするしね。
 
よく相手を見て、
相手の話を聞いて、
それができるとまだいいのかもしれないです。
 
それに誰でも当然ですが、
限界ってあるもので、
それはその人その人で違うってこと。
 
今までは大丈夫でも
明日は大丈夫ではないかもしれない。
けっこう危うい関係なんじゃないでしょうか。
 
それがどこで来るのかもわからないので。
 
これが正しいとかつていうことはないですが、
とにかく相手が何を言っているのか。
ちゃんと聞いてみるといいのではないかと思います。