夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【緩やかな譲歩】
【何もわかっていない】
【先が見えるか見えないか】
【もとに戻る】
【夫婦は続けないとだめ?】

最も人気の高い記事

【緩やかな譲歩】
【何もわかっていない】
【先が見えるか見えないか】
【もとに戻る】
【夫婦は続けないとだめ?】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【夫婦問題と親子関係】

夫婦問題に親が介入すると
ややしいことに・・・・。
 
場合によってはいい方向にいく場合もありますが、
多くの場合でいい方向にはいかないことがほとんど。
 
まあ積極的にという意味ですけれど。
当人たちよりも前へ出てしまうと、ということです。
 
でも最近は多いですね。
そういうことも増えてきた感じがします。
積極的に親が解決しようとしたり、
調停にまで来たり。
 
子供立場である当人が決めたことを
あくまでバックでサポートするのが親だと思うのですが、
ときどき親が主導している場合があるので、
びっくりします。
 
でもそういうケースは増えていくのだろうと思います。
 
だいたいそういう場合は
子供は親に依存していてお任せなことも多いです。
 
反対に、親が放任というか
関心がないというか、
わが身が大事というか。
我関せずな場合もあって、それはそれで、
困ったことになります。
 
何をしようが親は子供の味方。
子供はそれを知っていて、やりたい放題。
嘘つきまくり、で、親はそれを考えることなく
信じている。
 
いやいや、やってること見てくださいよ、と
言いたくなるケースも。
 
じつは、そういうケースは
ほんとはわかっているけれど、
あえてスルーしているんじゃないかと
思うようなこともあります。
 
まあどちらも極端です。
極端はあまりいいことはなくて、
どこかおかしなことになってきます。
 
当人が結婚したのですから、
当人たちがどうするか、どんな選択をするか、
それが一番大事なことだと思います。
そのうえで、親としてはこう思う、
というのがよいのでは。
それはときには子供の意見とは違うでしょうし、
違っていいのだと思います。
その通りにする必要もないしね。
 
自分で選んでいかないと。