夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【共感が低い】
【ダメ出しか前向きか】
【愛情があるかないか】
【片づけ問題】
【自己愛】

最も人気の高い記事

【共感が低い】
【ダメ出しか前向きか】
【愛情があるかないか】
【片づけ問題】
【自己愛】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【嘘つきの果て】

こう言ったとか、
ああ言ったとか。
言葉というのは大事なものなのですが、
すべてではない、
というところが悩ましいところです。
 
言葉は信じるべきものですが、
基本としては、
信じ過ぎてもまたよくない。
そんなところがあります。
 
なぜなら言葉はいくらいでも嘘がつけるものだから。
 
ほんとに呼吸するように嘘をつく人っているのでね。
想像つきませんけれど、その気持ち。
だけどいるんです。
 
だから言葉がすべてではない。
 
言葉を信じ過ぎると
とんでもないことになります。
 
だって好きでもないのに好きって言う人もいるし、
いっくらだって「言える」わけです。
言葉は。
 
もっと有効に使えばいいものを
そういう人は自分のために使います。
言葉を。
誰かのためには使わない。
 
人のために使えばいいのに
自分の保身のために使う。
嘘つきってそんな感じ。
 
嘘は小さなものでもばれると
人と人の間に溝を生みます。
その溝って埋まらないかもしれないし、
埋まったとしてもものすごく大変。
 
だけど嘘つく人はそんなふうには考えていない。
一度ついた嘘がうまく行くので、
次もうまくいくと考えている。
どこにそんな根拠があるのか、わからないけれど。
むしろ嘘は必ずばれるものなのに。
 
嘘つきは最終的には嘘まみれ。
自分が何をしているのか、
どこにいるのか、もわからなくなるのが
わかっていない。
悲しいですね。
 
嘘なんてつくとやっかいなだけです。