夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【子供は巻き込まない】
【眠れない】
【無意味な夫婦喧嘩】
【バランス感覚】
【何も知らなかった】

最も人気の高い記事

【子供は巻き込まない】
【眠れない】
【無意味な夫婦喧嘩】
【バランス感覚】
【何も知らなかった】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【話し合い】

話しをしたいとき、
聞いてもらいたいことがあるとき、
どうしていますか?
 
話しとか会話ってタイミングがとても大事です。
 
相手が忙しそうなときに
何かを話しかけとしても
受け手の準備が整っていません。
 
そんなときは話しをしようと思っても無理。
 
そんなときに話しかけて「話しを聞いてない! 」と
言っても、むしろ当然のことかも。
 
例えば、テレビを見ていて夢中になっているとき、
スマホに集中しているときに
話しかけたとしても
自分が話しかけられとしたら、
ちょっとウザいだけになってしまいます。
 
受けてもらう人の状況というのをよく見て
それから話しかけるのが
よいのでは? と思います。
 
聞いてもらえる状況と言ってもいいのかも。
 
えてして自分の方の「話したい」タイミングで
話しかけていることが多いので。
 
コミュニケーションって
そうしたタイミングって大事ではないかと思います。
 
自分が言いたいのもあるけれど、
それだけだとうまくいかない。
 
どうしても聞いてほしいことがあったら
「ちょっと聞いてもらえる? 」と一言。
そうしたら受け手も
「なに? 」と聞く姿勢が整うかもしれないし、
「ちょっと待って」と言うかもしれないし。
 
その一言が大事です。
 
相手の状況を見て
が大事なんではないか、と思います。
 
言いたい気持ち。
話したい気持ちはわかるのですが。
 
タイミングが大事。
それと自分自身の気持ちの高まりではなく、
あくまで受け手の状況をよく見て、
ということです。
 
そうしないと円滑にコミュニケーションが
始められないから。
 
最初でつまづくと本題にたどりつきませんからね。
 
まずは話をできるベース作りということです。