夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【緩やかな譲歩】
【何もわかっていない】
【先が見えるか見えないか】
【もとに戻る】
【夫婦は続けないとだめ?】

最も人気の高い記事

【緩やかな譲歩】
【何もわかっていない】
【先が見えるか見えないか】
【もとに戻る】
【夫婦は続けないとだめ?】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【価値観が違う】

家族の価値観とか、
夫婦の価値観というのは
育った環境に大きく影響を受けています。
じつはね。
 
切り離して考えることはできない。
ましてや今、家族や親族が
そばにいるというような生活環境ではないし、
自分が育った家庭しか知らないことがほとんど。
 
そうなると、それ以外の価値観というのが
理解しずらくなります。
 
想像がつかなかったり
理解ができなかったり。
価値観がすごく狭くなっているんだろうな
と感じます。
 
夫婦になると、その違い価値観が
ぶつかり合います。
 
ぶつかり合うのは当然なのですが、
結婚したときは、そうは思わない。
むしろ価値観が同じ、と思ったりします。
だけどほんとうは違うはずなんです。
 
同じにしようと思っていたり
同じだと錯覚しているだけの話し。
じつは違います。
 
価値観が違うからといって
うまくやっていけないわけではなくて、
否定してしまうとうまくはいきません。
 
相手の価値観を知れば
自分とは違うということを受け入れられます。
 
違うのは決してダメなことではなくて、
もしかしたら違うからこそ結婚したのかもしれなくて。
 
遺伝子だって違う者、
持っていない者同士の方が
引き合うと言います。
それはある意味のリスクヘッジ。
生き延びるための選択です。
同じだと同じ時に種が立たれてしまうかもしれないから。
だから自分とは離れた遺伝子の人に惹かれます。
 
違うから排除、否定だと
それ以上はないわけで、
違うから幅が広がります。
違うってじつはいいことなんです。