夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【言葉が荒む】
【誠意ある修復】
【子供は巻き込まない】
【眠れない】
【無意味な夫婦喧嘩】

最も人気の高い記事

【言葉が荒む】
【誠意ある修復】
【子供は巻き込まない】
【眠れない】
【無意味な夫婦喧嘩】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【少しずつの努力】

相手が嫌だと言っていることを
続けていると夫婦は破綻へと進んでいきます。
少しずつ。
 
つまり相手の言っていることを聞いていないし、
理解していないということと=だからです。
 
それと嫌だということは嫌なことなのです。
それを続けていたら
いい関係ではなくなることは明白。
 
いい関係を築くためには
嫌だと言っていることはしないように
努力していくことが近道です。
 
努力していけば、
どこかでお互いが合意が得られるところも
見えてくるかもしれません。
 
努力してくれているのだな、と
感じられれば、嫌だということも
少しずつは認めていかれるかもしれません。
 
そんな歩み寄りが必要です。
 
理由はともあれ、嫌だと言っていることは
なぜだ? という以前に
では少しは控えようと努力してみてください。
 
それがいい関係を作ります。
 
誰かといっしょにいるってそういうこと。
少々窮屈な思いもあるし、
だけどその反面もあるはずで。
 
それが嫌ならひとりでいる方がずっといいです。
 
どれだけ譲歩ができるか。
どれだけ相手の言っていることが理解できるか、
たとえ同意はできなかったとしても
理解できるかどうかは大事なことです。
 
理解ができれば距離は縮まっていきます。
 
別居したり離婚して
せいせいするのはそういうことで、
相手が嫌だということをし続けていたり、
そこから解放されたとき、
離れてよかったと思うのだと思います。
 
無理な努力や我慢は続きませんが、
少しずつの努力。
少しずつの努力ならできるのではないでしょうか。
それができるかできないかは
分かれ道なように思うことは多いです。