夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【言葉が荒む】
【誠意ある修復】
【子供は巻き込まない】
【眠れない】
【無意味な夫婦喧嘩】

最も人気の高い記事

【言葉が荒む】
【誠意ある修復】
【子供は巻き込まない】
【眠れない】
【無意味な夫婦喧嘩】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【モラハラスパイラル】

いったいいつからこんなにモラハラの人が
多くなったのだろう・・・と思います。
ほんとに多いので
ハラスメントだらけです。
 
ストレスばかりが原因ではないでしょうし、
人を傷つけて自分が優位に立とうとしたり
自分の優れたところを強調して
誰かをマインドコントロールしようとする。
 
なんでそんなことが必要なのか・・・。
自信がないからなのか、
その先を考えられないからなのか。
 
モラハラはちょっとしたことから始まる。
そうかつての被害者はおっしゃっていました。
「あ~、やっちゃんたんだよね」と言った
その一言がモラハラの人のスイッチを入れる。
 
それは些細なことから。
 
誰だってやりそうな失敗やミス。
それを身近な夫に話したら、
夫がモラハラ夫だったら、
すかさずそこでじわじわと突っ込まれてきます。
 
「だから君はダメなんだよ」
なんとなく自分でそう思うところもあって、
またその時点でひどいことを言うなとは思わない。
ある意味素直というか自己評価が低いという。
 
「だから僕の言うことが正しいのだよ」と―-
とモラハラスパイラルにはまっていきます。
 
本当はちゃんと能力もあって、
その能力も高いのに、自己評価の低い人は
そんなモラハラの餌食になってしまいます。
 
モラハラ夫にしてみたら、
自覚があるにせよないにせよ
しめしめです。
 
「だから自分がいないとだめなんだよ」と思わせる
チャンス到来ですから。
 
そして、その被害者は
自分がモラハラの被害を受けている
最も身近な夫婦間でという自覚が
これまた全くありません。
びっくりするくらい。
 
不当な理由や不当なことで
ただ我慢を強いられて
ただ忍耐を強いられて、
ときには自分がいけないのだ、と思っている。
 
DV被害者はそんなふうにとらえていることが多いです。
自分に非もあると。
ある意味過剰に。
 
そんな完璧な人なんていますか? て。
 
そして一生懸命いいところばかりを見ようとして、
ちゃんとモノゴトを見る目をすでに失われていますから。
見ることができません。
現実に何が起きているのかを。
ただひたすら、自分ひとりでは生きてはいかれないと
思い続けている。
はたまた思わせ続けられている。
 
フィルターのかかったことでしか
モノゴトを見られないのは
現実を歪めていきます。
 
現実を見ないで頭の中のある意味で妄想の世界で
苦しい思いをしています。
で、子供がいたりしたら道連れです。
 
ある意味モラハラに対して目を見開こうとせず、
子供を道連れにしているのは
虐待ではないかと思います。
自分の思い、頭の中を優先しているわけですから、
現実を見ないで。
 
そんな愚かなことがたくさん起きています。
子供たちは大変な思いをしているのだろうな、と思います。
生きづらいよね、とも。
親がそんなだだと誰も助けてあげられないのですから。
そして、モラハラを身近に見て育てば
モラハラは当たり前に
なっていくのではないでしょうか。
 
でもモラハラ被害者だと思っていない被害者は
そんなことには気づかず
いつもモラハラ夫のことで頭がいっぱいです。
そして、たなモラハラを生み出していく。
新たなモラハラを生み出していく。
不幸が不幸を生み出します。