夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【未来の姿】
【いい夫婦】
【産後クライシス】
【これからです】
【モラハラの正体】

最も人気の高い記事

【未来の姿】
【いい夫婦】
【産後クライシス】
【これからです】
【モラハラの正体】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【常套句】

もう未来が描けない。
好きではなくなった。
女として見れない。
いっしょにいる意味がない。
ずっと我慢してきた。
 
なーんて言いますね。
浮気していると。
 
なんで同じことを言うのだろう? って
いつも思いますが、
人のボキャブラリーってそんなに
豊富ではないということかな。
 
自分の嘘を隠して
離婚を正当化するためには
苦しい言い訳が必要なので
そんな似たような言葉になるのかなぁ?
と思います。
 
妻が浮気している場合は
態度の方に出るので、
急に冷ややかになったりすることが
多いみたいです。
思わず出ちゃうという感じ?
 
いずれにしても意外と変化はあるもので
気づいていないだけです。
 
後になるとそういえば・・・は
いっぱいあって、
あれもこれもそうかって
気づくはず。
 
まあそれが怒りを買うことになったり、
憎しみが倍増することにつながるのですがね。
 
だから嘘ついていると
ちゃんと回ってくるんだろうと思いますよ。
帳尻は合うっていうのでしょうか。
 
だってそんなに馬鹿じゃないもの。
人って。
 
だけど嘘ついている方は
なぜだか自信があって
ずっとだませると思っているような節があります。
 
だからかもしれないけれど、
不貞の証拠があってもジタバタ。
何もやっていないとかって
常套句がやっぱり出てきて、
本人だけはそれが通用すると思っているみたい。