夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【産後クライシス】
【これからです】
【モラハラの正体】
【共感が低い】
【ダメ出しか前向きか】

最も人気の高い記事

【産後クライシス】
【これからです】
【モラハラの正体】
【共感が低い】
【ダメ出しか前向きか】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【結果を受け入れる】

千葉の台風被害が1週間経っても
ニュースで見る限り、なかなか解消されず大変そうです。
千葉のご相談者たち大丈夫かなぁ? と思うのですが、
電気もまだ通っていないところも多いので、
気をもんでいるくらいしかできません。
土砂崩れや浸水とはまた違う、
今までにないような被害の出方です・・・。
大変な思いをされていることと想像します。
 
まじめなことはいいことなのですが、
ときには自分を追い詰めてしまうこともあるんだなぁ、と
思うんですよね。
まじめゆえに。
 
基本、いいことです。
いけないことはないです。
まじめって。
 
もちろんそれを人に強いたらだめです。
人はそれぞれ違うものだから。
不まじめな人もいるわけですから。
そんな人にまじめさを求めたところで、
ないものねだりだし
自分が疲れるだけです。
あるのはただの徒労感。
 
まじめはいいことなのですが、
あまりにもまじめだと
何もできなくなってしまいます。
固まってしまう。
 
それだと人生はつまらない。
生きれば生きるほど、いろんなことがあるし、
失敗もあるし、痛い思いもあるのがあたりまえ。
 
まじめな人はいろんなことを
頑張ってしまうとするので、
なんていうのかな、簡単な言葉で言ったら
疲れちゃうことも多いかもしれないな、と思います。
 
でも頑張らなくてもいいことはあるし、
できれば力を抜いてやった方が
うまくいくこともあるんですね。
 
体の使い方がそうなんですが、
力を入れたらいいかというと
そんなことはなくて、
抜くべきところで抜いたほうが疲れない。
それに本来の体の使い方ができるものです。
 
むしろ力を入れ過ぎて
うまく動けない。
なんてことはよくあることです。
 
まじめと力が入りすぎるは紙一重。
ほどほどに。
 
なんて今日思うのは、離婚した方が
再婚するにあたり、
別れた妻と子供のことを心配していました。
だけど十分に役割を果たしているその人。
自分の幸せを求めたっていいはずです。
心配したらきりがないし。
 
人生は予想外のことが起こるものです。
 
考え過ぎたら動けない。
それよりは動いてみた方がいいんじゃな? って思います。
むしろ結果をちゃんと引き受けられるかどうかの方が
大事なんじゃないか、生きているって、
思うんですよね。