夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【産後クライシス】
【これからです】
【モラハラの正体】
【共感が低い】
【ダメ出しか前向きか】

最も人気の高い記事

【産後クライシス】
【これからです】
【モラハラの正体】
【共感が低い】
【ダメ出しか前向きか】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【幸せになるためのありがとう】

夫婦円満で大切なことですが、
日常的に「ありがとう」という言葉のやりとりが
双方にあるかどうか?
 
夫婦は伝えなければならないことは
じつはたくさんあるのですが、
ほとんど伝えていないことが多いです。
ときには顔すら見ないで過ごすこともあるくらい。
みんな忙しい。
 
またはわかったつもりで過ごしているだけ。
だから問題が起きると
相手の知らない面や思いがたくさん見えたりして
びっくりします。
何を見ていたんだろうって。
 
何かしてもらったら「ありがとう」。
ご飯を作ったらだっていいし、
仕事から帰ってきたらだっていいし、
言って損することはないですよ。
「ありがとう」って。
もちろん心無い「ありがとう」は
言っても無駄ですけれど。
 
相手が何か夫婦のために、
家庭のために
あなたのためにしてくれたことがあったら
「ありがとう」って言ってみてください。
きっと関係はよくなるから。
 
他にもたくさん
伝えなきゃいけないことはあるのだけれど、
「ありがとう」は、その最初の一歩みたいなものです。
 
それが言えたら、
その次だって言えるかもしれない。
 
それと、大事なことは「ありがとう」と言える人は、
自分自身が幸せな人。
つまり自分の指標でもあるんです。
 
そう考えてみたら「ありがとう」が
スッと出ない人はどんな人かわかるはずです。
 
自分が満たされている。
自分自身に。
他者に満たされているのではなくて。
だから「ありがとう」がなんなく言葉にできる。
 
それに「ありがとう」と言えば
自分が満足してきます。
だから自分に返ってくる言葉てもあります。
 
「ありがとう」は
もしかしたら幸せになるための
切符なのかもしれないです。
 
ある調査では、
仕事や友人関係では「ありがとう」を
言うけれど、親や夫婦という身近な
関係になると
言う回数は減っていく傾向にあります。
 
ですが、1日に「ありがとう」を20回以上言う人は
言わない人に比べると
ストレスがあったときに
1日で立ち直ることができる傾向にあり、
逆に言わない人の半数近くが1週間以上
引きずってしまうそうですよ。
 
つまり自分が幸せに近づくんです。
「ありがとう」って。
人に感謝するって。
逆説的には感謝できない人は
不幸に近づくってことです。