夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【未来の姿】
【いい夫婦】
【産後クライシス】
【これからです】
【モラハラの正体】

最も人気の高い記事

【未来の姿】
【いい夫婦】
【産後クライシス】
【これからです】
【モラハラの正体】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【緩やかな譲歩】

一夜やあけたら、各地で氾濫で・・・
しばし唖然・・・こんな広域、しかも各地で・・・
驚きました。
見たことのない光景がふたたび・・・・。
言葉がないですが、
一日も早く日常が戻ってきますように。
 
家事問題、ときどき問題になります。
ほんとうはときどきではなく、
常になんだとは思うのですが。
 
今の子育て世代は
共働きが当然だし、
今後はますます、なので、
ますます家事問題は大きな比率を
占めるのであろうとは
予測されます。
 
じつは家事を分担している夫婦ほど、
相手のことが好きという率が高いそうです。
逆の言い方をしていると
分担していないと愛情も薄れていく?
 
ワンオペなんて言われる時代です。
ある妻は夫が単身赴任して、
私は夫がいなくてもやっていかれると自覚したそうですから。
仕事も家事も育児もひとり。
いなくてもいいじゃない、ということです。
 
今後は家事の分担。
家事のお互いの負担が愛情を示す
ひとつの指針になるのかもしれません。
少々極端な予測で言うと。
 
なんせ、日本の分担率は
かなり世界から見ると低いのです。
 
かつては台所には男子入るべからず、でしたが、
今はとんでもない。
率先して入る夫は、高評価です。
価値観が変わりましたから。
 
女性の意識改革も必要で、
自分がやらねば、
やるのがあたり前と思わず、
気負わず、お願いする。
あるいはゆだねてみる。
そんなことも必要です。
 
家事も育児も。
 
自分のやり方と
夫のやり方は違っていいんです。
何が正しいなんてないので。
あれこれ言わずゆだねてみる。
口を挟まない、ことが大事です。
 
ある夫、やってもやっても妻に文句を言われ
もう何もしなくなってしまいました。
とうとう離婚も視野に。
 
家事ってどれが正解はないですからね。
やり方自分流です。
みんな。
 
まじめに考え過ぎず、
少々いい加減でもいいではないですか。
完璧目指すと疲れます。
 
それが夫婦で協力ということだと思います。
自分のやり方を押し付けるからうまくいかない。
 
緩やかに譲歩できる夫婦は長続きします。
無理しない範囲で相手を受け入れていかれると。
相手は違う人格の持ち主なのですから、
違うのがあたり前です。
 
夫婦問題が起きている夫婦は
譲歩し過ぎか、
はたまたその逆。
自分流を通し過ぎなんです。
そりゃあ相手はついてはいかれませんよって。
 
誰にでもそうですが、
緩やかに譲歩。
リスペクト相手に、
それがなくなれば
どんな関係も終わりです。