夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【産後クライシス】
【これからです】
【モラハラの正体】
【共感が低い】
【ダメ出しか前向きか】

最も人気の高い記事

【産後クライシス】
【これからです】
【モラハラの正体】
【共感が低い】
【ダメ出しか前向きか】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【選択するのが大事】

反省しない人っているのですよ。
世の中。
夫婦問題に接していると
ほんとにいるなぁ、という感じです。
 
自分の不貞を棚上げにして、
不貞したのは相手のせい、と言ったり。
 
ちゃんと不貞しているのに
していないと言ったりなんてザラ。
 
どういう思考? って人いるんですよ。
だけど、それが身近な夫だったり妻だったりすることが
なんで?
あり得ない?
と思うかもしませんが、
はっきりいっています。
 
まあほんとしょーもないという。
 
で、反省なんて辞書にはない人は
さらにエスカレートしていくことになります。
 
もうほんと、何度言うでしょう。
バカなのって。
ついね。
 
その一方で反省できる人は、
ちゃんと自分の罪を償っていく努力を重ねていきます。
 
夫の不貞がわかり苦しんでいた妻。
不貞はすぐに終わり、
ふたりは修復を目指しているのですが、
どうしても苦しくて、
すぐには前を向けない妻。
夫は「寄り添う」と言ってくれたそうです。
そう言ってほしかったんだと思う、と妻。
 
寄り添うって大事だよね。
寄り添う方もつらいときもあるかもしれないけど。
夫婦って寄り添うものだし、
そう約束したし。
 
本当の意味で寄り添うってどういうことか
日々積み重ねているんだと思います。
その夫婦は。
いいときもそうでないときも。
 
反省できない人はね、
早く見極めた方がいいです。
だって見込みがないから。
時間の無駄。
 
けっこう限られているんですよ。
人生の時間。
 
ある妻、夫の不貞発覚で、
それまで、不貞が見えないまでは
なんとしても修復でしたが、
冗談じゃないと離婚を決めました。
 
そういう潔のよさが必要なときがあります。
傷むのは同じです。
傷むのです。
だとしても、です。
選択を迫られているんだと思います。
夫婦問題って。