夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【産後クライシス】
【これからです】
【モラハラの正体】
【共感が低い】
【ダメ出しか前向きか】

最も人気の高い記事

【産後クライシス】
【これからです】
【モラハラの正体】
【共感が低い】
【ダメ出しか前向きか】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【夫婦の清算】

今年は紅葉はどうなんでしょうねぇ。
10月になっても一向に紅葉のニュースは
耳にしないし、それどころではないし・・・。
いろいろなところで被害で・・・ですし・・・。
 
離婚の話を進めたい、と思っていても
離婚に同意はした、とはいえ、
条件が折り合わない。
 
だから調停という制度があって、
そこでも離婚に同意できなければ
条件が合わなければ、
裁判へと進みます。
 
結婚するときと違うのは
離婚は一方がしたいことが圧倒的であったり、
お互いに離婚には同意はしても
条件が合わない。
 
だから話し合いにならないってことで
制度として調停とか、裁判とか。
 
調停でも離婚しなさいとか
言われることはないわけで、
お互いの意見の違いを
まざまざと知ることになります。
 
それでもどこかで妥協点を見つけられれば
まあ離婚ということになります。
 
裁判に進む夫婦は条件が合わないということが
多いように感じます。
 
とはいえ、どちらも有責配偶者ではない場合ですが。
 
お金の問題って、結局最後に残るんですよね。
いろいろと取り除いていくと結局お金か・・・って。
 
なんだかそういうこと。
 
裁判も結局、お金。
 
夫婦の終わりは行くところまで行くとそういうことに。
 
そこまで行く前に
どうにか離婚した方がいいんじゃないだろうか、
と思います。
 
離婚してくれるなら
全部財産あげると言っていた人が
いざ財産分与の話になったら
全然話が違っていた、
なんてザラあります。
 
ほんとザラ。
 
しょうがないです。
ここは、お金の問題は
きっちり蹴りをつけるしかないです。
他人に戻るためのひとつです。
 
それがすっきりすれば
意外と解消するのは簡単なことなので。
そこが一番難しいということです。
 
ふたりで築いた財産をどう分けるのか。
最後に残るのは
情ももちろん愛情もなくなって、
何のも相手に対してなくなって、
残るのは清算するっていう作業なんでしょう。
 
その清算が少々大変で。
ある意味でのバトルを
しなきゃならないってことです。
でもそれを通り超えればただの他人ですから。
夫婦って。
 
だからこそ、ほんとはもっと日常的に
気持ちを向けとかないといけないんだろうと思うんです。
他人だからこそ。