夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【産後クライシス】
【これからです】
【モラハラの正体】
【共感が低い】
【ダメ出しか前向きか】

最も人気の高い記事

【産後クライシス】
【これからです】
【モラハラの正体】
【共感が低い】
【ダメ出しか前向きか】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【二人でいる意味】

「同じ努力なら、同じエネルギーなら
別のことに使いたいと思った」と――。
その方は。
 
夫婦を修復していくことや
夫や妻に対して努力をすることに
疲れてしまうと
そんなふうに思うと思うし、
それはそれでひとつの正解と思います。
 
人のエネルギーは無尽蔵ではないので、
どこに使うか? は大事なことです。
 
「夫が変わるのを促すつもりはないし、
私が教えるのは無理」と。
その方は言いました。
 
私も同じように思います。
 
大人なので、
こちらが促して、とか、
その努力ができるのは
まだ愛情のある間です。
できたとして。
期間限定。
 
夫より愛情のある存在。
ときには逆もあるかもしれません。
妻より愛情のある存在。
 
つまりは子供ですが、
それができたとき、
その人に何かの努力する余裕はなくなります。
したくてもできなくなる。
 
だから、そこでいなくてもいいんじゃないか、
ということがよぎります。
ましてや好き勝手していたとしたら、
いやいや、なんのための夫婦よってことで。
 
適応能力が低いとそんなことに。
自分の価値観もそうですが、
現実を見ないで価値観にとらわれていたり、
適応ができないと
夫婦を続けていくのは難しいです。
 
子供だけに限らず、
いろんな問題が起きるし、
年とともに親の介護ということも出てくるし。
 
そんなときに、
自分のことで精一杯なのに、
何も手を貸してくれない配偶者だとしたら、
まあ何のための結婚ってことになるのでしょう。
 
だとしたらひとりの方がいいじゃない、
よほど、と。
 
別居したら生々として、
自分が意外と家事が好きだったことを思い出したと、
そんな方もいます。
 
ふたりでいる弊害もあれば
ふたりでいるメリットもあるけれと、
ひとりになってみて
なんだかほっとしたり
心安らぐことがあれば、
二人でいる意味は限りなく低いって
ことかもしれないです。